FC2ブログ
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

中川誼美

Author:中川誼美
(なかがわ・よしみ)
慶應義塾大学商学部卒業。結婚後間もなく住んだ米国ウッドストックでの生活に影響を受け、家庭にテレビを置かず、有機野菜などを中心としたナチュラルライフスタイルを実践。

家業の繊維会社、夫が経営する印刷会社の経理を担当しながら、「人と自然にやさしい生活の実践」を活かし、55歳のときに京都円山公園内に「京都吉水」を立ち上げる。

その後、内装すべてに自然素材を使用した宿「銀座吉水」を、さらに“ちょっと前の日本の暮らし”が体験できる「あやべ吉水」を開業。「銀座吉水」は、ホテルや旅館など観光施設を対象とした世界的な環境認証制度「グリーンキー」の日本第1号であり、英国テレグラフ社の「日本のホテルランキング」ではマンダリンに次いで2位にランクインし(3位がリッツカールトン)、海外からも高い評価を得ていたが、2011年東日本大震災による福島原発事故の影響を考慮して、「銀座吉水」を閉じた。

東京・築地本願寺、大阪・四天王寺、京都・大谷本廟ほかでオーガニックなものだけを集めた朝市を主宰、「美しい日本を残すために協力し合う会」代表。民俗学者宮本常一の流れを汲んで、故姫田忠義、小泉修吉、伊藤碩男の三氏が設立した一般社団法人民族文化映像研究所理事。2013年には東京に「馬喰町 スペース吉水」をオープンし、映画上映、コンサート、講演会、展覧会、古典芸能、ワークショプなど、様々なアートの発信にも努める。近江八幡や綾部、信州上田などで、町おこしも展開、日本各地を飛び回る。

著書に、『ちょっと前の日本の暮らし』(中公新書ラクレ)、『本当に大切にしたい日本の暮らし(自然と五感をいかす生活のススメ)』(WAVE出版)、『本当に大切にしたい日本のごはん(50度洗いと低温調理のススメ)』(WAVE出版)がある。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

獣害について

2014.01.10 22:00|食材
物の獣害による被害額は、200億円との報告が出ています。内訳は獣類が60% 、鳥類が40% で、防ぐことの困難は地方共通の大問題です。畑の電柵の補助金なども支給されてはいますが、鳥獣達との智恵比べのようで、彼等もさらに餌確保のために智恵を働かせています。



農家は働けど働けど、鳥獣の為に餌を作っているようなものだと嘆いています。温暖化で雪が少なくなりますと、鹿の赤ちゃんは冬が越せてしまいます。動物愛護は必要ですが、作物をつくる側にしてみれば、収穫の天敵のような鳥獣を退治して欲しいと思います。



140110_02s.jpg 140110_01s.jpg
▲猪肉                   ▲猪肉と鹿肉の握り




そこで増え続けている猪や鹿を、「食べもの」として捕獲しています。それが加工して売り出されたり、そのまま焼肉にして食べたり、結構人気です。確かにさっぱりとして良い食材であることがわかりましたので、さらに研究して美味しい食材にしていきたいです。あちらこちらで猪肉、鹿肉の販売や料理がされる様になりましたので、今年に入り丹後まで行って猪肉と鹿肉に対面してきました。



テーマ:暮らし・生活
ジャンル:ライフ

タグ:銃害 猪肉 鹿肉 食材 丹波

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。