01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

中川誼美

Author:中川誼美
(なかがわ・よしみ)
慶應義塾大学商学部卒業。結婚後間もなく住んだ米国ウッドストックでの生活に影響を受け、家庭にテレビを置かず、有機野菜などを中心としたナチュラルライフスタイルを実践。

家業の繊維会社、夫が経営する印刷会社の経理を担当しながら、「人と自然にやさしい生活の実践」を活かし、55歳のときに京都円山公園内に「京都吉水」を立ち上げる。

その後、内装すべてに自然素材を使用した宿「銀座吉水」を、さらに“ちょっと前の日本の暮らし”が体験できる「あやべ吉水」を開業。「銀座吉水」は、ホテルや旅館など観光施設を対象とした世界的な環境認証制度「グリーンキー」の日本第1号であり、英国テレグラフ社の「日本のホテルランキング」ではマンダリンに次いで2位にランクインし(3位がリッツカールトン)、海外からも高い評価を得ていたが、2011年東日本大震災による福島原発事故の影響を考慮して、「銀座吉水」を閉じた。

東京・築地本願寺、大阪・四天王寺、京都・大谷本廟ほかでオーガニックなものだけを集めた朝市を主宰、「美しい日本を残すために協力し合う会」代表。民俗学者宮本常一の流れを汲んで、故姫田忠義、小泉修吉、伊藤碩男の三氏が設立した一般社団法人民族文化映像研究所理事。2013年には東京に「馬喰町 スペース吉水」をオープンし、映画上映、コンサート、講演会、展覧会、古典芸能、ワークショプなど、様々なアートの発信にも努める。近江八幡や綾部、信州上田などで、町おこしも展開、日本各地を飛び回る。

著書に、『ちょっと前の日本の暮らし』(中公新書ラクレ)、『本当に大切にしたい日本の暮らし(自然と五感をいかす生活のススメ)』(WAVE出版)、『本当に大切にしたい日本のごはん(50度洗いと低温調理のススメ)』(WAVE出版)がある。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

命がよろこぶパン

2014.04.20 18:30|食材
神奈川県中井にあります
「Le lourdes」パン工房はご夫婦でいつも一緒に仕事をされています。
ご主人は子供の頃朝ごはんにパンをたべると学校に行く途中で必ずお腹が痛くなり、よそのお店のお手洗いに駆け込んでいたそうです。
奥様と出会い、彼女がパンを作る人と分かった時はどうしようかと戸惑ったそうです。でも彼女の作ったパンを恐る恐る食べてみた時、お腹に全く問題がありませんでした。

-- 2-2


彼女は天然酵母、無農薬小麦粉、塩
、水 それだけが材料のパンを作っていました。
その過程を経てパン工房を作り運営されるようになりました。

酵母を見せていただきました。パンを作る菌は空中にいくらでも浮遊していて、この天然酵母は菌のエサになります。入れ物の中の酵母はすっぱい匂いを発しています。

-- 1-1




お二人の作るパンの小麦粉は無農薬のものです、何故なら無農薬の小麦粉でない場合は酵母菌が死んでしまうのだそうです。酵母を食べて育った自然の菌は農薬にやられてしまうからです。

私は長い間お砂糖を使わないで焼くパンをさがしていました。パンを膨らますために菌のエサとしてお砂糖を使うのが一般的になっていますが、私にはとても後味が悪く、主食を食べている感じになりません。
ドイツではお砂糖を使わないのが当たり前ですが、日本にあるドイツパン屋さんは大変お値段が高く大量にはつかえません。
ここのお2人はお店を持たず一年中お休みなく、製造に専念されています。このパンを初めて食べた時から工場にお尋ねする事にきめていました。
無理に膨らませていませんから、小麦粉の量は倍程かと思えるほど重いパンです。

-- 3-1


お2人の温かいお人柄にもすっかりファンになり今月末から京都吉水の朝食にはこの
Le lourdes さんのパンを召し上がっていただくことにしました。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。