03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

中川誼美

Author:中川誼美
(なかがわ・よしみ)
慶應義塾大学商学部卒業。結婚後間もなく住んだ米国ウッドストックでの生活に影響を受け、家庭にテレビを置かず、有機野菜などを中心としたナチュラルライフスタイルを実践。

家業の繊維会社、夫が経営する印刷会社の経理を担当しながら、「人と自然にやさしい生活の実践」を活かし、55歳のときに京都円山公園内に「京都吉水」を立ち上げる。

その後、内装すべてに自然素材を使用した宿「銀座吉水」を、さらに“ちょっと前の日本の暮らし”が体験できる「あやべ吉水」を開業。「銀座吉水」は、ホテルや旅館など観光施設を対象とした世界的な環境認証制度「グリーンキー」の日本第1号であり、英国テレグラフ社の「日本のホテルランキング」ではマンダリンに次いで2位にランクインし(3位がリッツカールトン)、海外からも高い評価を得ていたが、2011年東日本大震災による福島原発事故の影響を考慮して、「銀座吉水」を閉じた。

東京・築地本願寺、大阪・四天王寺、京都・大谷本廟ほかでオーガニックなものだけを集めた朝市を主宰、「美しい日本を残すために協力し合う会」代表。民俗学者宮本常一の流れを汲んで、故姫田忠義、小泉修吉、伊藤碩男の三氏が設立した一般社団法人民族文化映像研究所理事。2013年には東京に「馬喰町 スペース吉水」をオープンし、映画上映、コンサート、講演会、展覧会、古典芸能、ワークショプなど、様々なアートの発信にも努める。近江八幡や綾部、信州上田などで、町おこしも展開、日本各地を飛び回る。

著書に、『ちょっと前の日本の暮らし』(中公新書ラクレ)、『本当に大切にしたい日本の暮らし(自然と五感をいかす生活のススメ)』(WAVE出版)、『本当に大切にしたい日本のごはん(50度洗いと低温調理のススメ)』(WAVE出版)がある。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪・枚方市駅前 枚方宿くらわんか五六市

2014.03.15 11:47|地域づくり
いで盛った枚方宿は、東海道五十七次の一つ手前の五十六番目の宿場町として栄えました。枚方駅から大阪への道との道標の先に、程よく狭い道にテントを張った店が賑やかに並んでいます。第二日曜日には、200店舗が次の枚方公園駅まで続きます。宿場街の名残の古い家もところどころにあり、日曜日には閉まっている商店の前や普通の家の庭先に店がでています。駐車場もすっかり車を移動させて空いた広い場所に、お店がたくさんならんでいます。



140315_7.jpg 140315_8.jpg




街ぐるみで五六市の出店者に場所を提供している様子は、小さい商いの復活のようで楽しい買い物時間になりました。クリーニング屋さんの店がこの日はお豆腐屋さんの販売店になり、おからが売り切れていました。旧家の軒下では、吉野葛を釜のお湯で溶いて試食付きでお商売していました。ビルとビルの間の細い路地にも縦に数件お店がでていましたが、かえって狭いのも人だかりがしているようで人寄せになるものだと関心しました。



140315_3.jpg 140315_4.jpg





大阪四天王寺のわつか市に出ているお店がかなりあり、挨拶をしたり、買い物をしたり顔見知りの人たちとも暫し立ち話をしてきました。また綾部からも竹炭のI さんが出店されていて、ここでもびっくりしてご挨拶をしました。



140315_5.jpg 140315_6.jpg




普段は駅前の大型スーパーに吸い込まれて行く町の人達も、このような市に出かけることで、少し前の買い物を思い出していただけると思います。この市も一人の女性が言い出したことで始まったそうです。鯖江の地産地消のセミナーにご参加の方達や五六くらわんか市にお店を出す人達も、気持ちの奥にあるものは同じだと思います。



140315_1.jpg 140315_2.jpg





商店街の活性化も、今や地方の古い商店街の共通の課題となっています。月に一度でもせめて小さい商いで言葉を交わすことができましたら、街の様子はいくらか変わると思います。そして、その街の地産地消の商品がたくさん並べられるようになりましたら、まず第一歩踏み出したことになります。どの街にも小さい規模でも市が立ち、人々が言葉を交わす商いが復活することを望んでおります。

テーマ:暮らし・生活
ジャンル:ライフ

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。