FC2ブログ
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

中川誼美

Author:中川誼美
(なかがわ・よしみ)
慶應義塾大学商学部卒業。結婚後間もなく住んだ米国ウッドストックでの生活に影響を受け、家庭にテレビを置かず、有機野菜などを中心としたナチュラルライフスタイルを実践。

家業の繊維会社、夫が経営する印刷会社の経理を担当しながら、「人と自然にやさしい生活の実践」を活かし、55歳のときに京都円山公園内に「京都吉水」を立ち上げる。

その後、内装すべてに自然素材を使用した宿「銀座吉水」を、さらに“ちょっと前の日本の暮らし”が体験できる「あやべ吉水」を開業。「銀座吉水」は、ホテルや旅館など観光施設を対象とした世界的な環境認証制度「グリーンキー」の日本第1号であり、英国テレグラフ社の「日本のホテルランキング」ではマンダリンに次いで2位にランクインし(3位がリッツカールトン)、海外からも高い評価を得ていたが、2011年東日本大震災による福島原発事故の影響を考慮して、「銀座吉水」を閉じた。

東京・築地本願寺、大阪・四天王寺、京都・大谷本廟ほかでオーガニックなものだけを集めた朝市を主宰、「美しい日本を残すために協力し合う会」代表。民俗学者宮本常一の流れを汲んで、故姫田忠義、小泉修吉、伊藤碩男の三氏が設立した一般社団法人民族文化映像研究所理事。2013年には東京に「馬喰町 スペース吉水」をオープンし、映画上映、コンサート、講演会、展覧会、古典芸能、ワークショプなど、様々なアートの発信にも努める。近江八幡や綾部、信州上田などで、町おこしも展開、日本各地を飛び回る。

著書に、『ちょっと前の日本の暮らし』(中公新書ラクレ)、『本当に大切にしたい日本の暮らし(自然と五感をいかす生活のススメ)』(WAVE出版)、『本当に大切にしたい日本のごはん(50度洗いと低温調理のススメ)』(WAVE出版)がある。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水源の里(続き)

2014.03.02 23:00|綾部吉水
部上林川沿いの集落睦寄地区には、五十年前には三百人の小学生がいました。今はたったの十五人です。小学校と中学校が統合され、小中一貫校が来年度から始まり、そのための新校舎建設工事がされています。三百人の子供達は、大方都市に出てしまった事になります。ここに子供のいる家庭や、若い人達が移り住んでくれることは、地域の強い願いです。



140303_1.jpg




京都や大阪から車で2時間とかからないのですが、まるで別世界です。資源は豊富で、綺麗な水を中心に美味しいお米も穫れます。仕事がないという理由で、人々は出て行ってしまった訳です。ある方はここの景色を見ながら、千年以上変わっていないといわれました。確かに家の数も増えていませんし、集落の人口は減るばかりです。農地を耕す人がいなくなると、農作物は都会にはいかなくなります。真剣にこの問題を解決しなければなりません。



京都府丹後地方でも同じ事で、機織りで栄えていた地域はすっかり寂れてしまいました。先日もそこの工場から西陣織りの帯を展示会に十七万円の値を付けて出しましたところ売れませんでした。仲買が銀座のMデパートで八十万円の値段を付けたところ直ぐに売れてしまったそうです。物の価値をお金で判断する力しかない都会の人達を利用しているのは、やはり都会の商人達です。琉球かすり、黄八丈なども機織り手から出荷される値段の安さに驚いた事がありますが、物を作る人達と都会で売る人達との間のお金の流れに、日本独特の仕組みが存在していてどうすることもできません。美味しいお水も買っている人達は、暮らしの中に命を育む物は自然からは得られずお金を出さなければなりません。



都会の暮らしは本当に人々を幸せにするのでしょうか。綺麗な水も空も空気も自然豊かな背景を持つ暮らしを望まない人はいないとおもいますが、水源の里の学校に、再び子供達が大勢通う日は戻ってくるのでしょうか。私や仲間達はその事を真剣に考え、どうしたら人々が都会から移り住むようになるかと様々な案を練っています。



140303_2.jpg




水源の里から戻り久々に朝の満員電車に乗りましたら、人が多く息苦しいのは当然でしたが、電車のすぐ脇に家が建ち並び、電車の窓と家の壁の距離の狭さに改めて驚きました。危険と背中合わせとはこの事です。慣れてしまっていて、それさえも不思議に思わない都会暮らしにも、疑問は深まる一方でした。大都会集中型の都市計画の歪みの中で、多くの人はこれではないと思いながらも、生活のために経済優先型の暮らしを選んでいます。経済の規模を大きくするのではなく、支出の規模を小さくしながら、自然の恵みを加えることで本当の豊かな暮らしを考えていかなければならないと痛感しています。


テーマ:暮らし・生活
ジャンル:ライフ

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。