FC2ブログ
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

中川誼美

Author:中川誼美
(なかがわ・よしみ)
慶應義塾大学商学部卒業。結婚後間もなく住んだ米国ウッドストックでの生活に影響を受け、家庭にテレビを置かず、有機野菜などを中心としたナチュラルライフスタイルを実践。

家業の繊維会社、夫が経営する印刷会社の経理を担当しながら、「人と自然にやさしい生活の実践」を活かし、55歳のときに京都円山公園内に「京都吉水」を立ち上げる。

その後、内装すべてに自然素材を使用した宿「銀座吉水」を、さらに“ちょっと前の日本の暮らし”が体験できる「あやべ吉水」を開業。「銀座吉水」は、ホテルや旅館など観光施設を対象とした世界的な環境認証制度「グリーンキー」の日本第1号であり、英国テレグラフ社の「日本のホテルランキング」ではマンダリンに次いで2位にランクインし(3位がリッツカールトン)、海外からも高い評価を得ていたが、2011年東日本大震災による福島原発事故の影響を考慮して、「銀座吉水」を閉じた。

東京・築地本願寺、大阪・四天王寺、京都・大谷本廟ほかでオーガニックなものだけを集めた朝市を主宰、「美しい日本を残すために協力し合う会」代表。民俗学者宮本常一の流れを汲んで、故姫田忠義、小泉修吉、伊藤碩男の三氏が設立した一般社団法人民族文化映像研究所理事。2013年には東京に「馬喰町 スペース吉水」をオープンし、映画上映、コンサート、講演会、展覧会、古典芸能、ワークショプなど、様々なアートの発信にも努める。近江八幡や綾部、信州上田などで、町おこしも展開、日本各地を飛び回る。

著書に、『ちょっと前の日本の暮らし』(中公新書ラクレ)、『本当に大切にしたい日本の暮らし(自然と五感をいかす生活のススメ)』(WAVE出版)、『本当に大切にしたい日本のごはん(50度洗いと低温調理のススメ)』(WAVE出版)がある。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水源の里 冬あかりイベント

2014.02.18 08:02|綾部吉水
部市奥上林地域振興協議会は、真冬の雪の寒い時期に行燈とスタードームをロウソクの灯りで灯す「冬あかり」を企画しましまた。



140218_1.jpg



 
綾部市の奥上林地区は、四方を山に囲まれた京都府内でも寒さが厳しく雪深い地域です。一段と静かになる冬の賑わいづくりに、心温まるイベントを開催しようと、これに協力するボランティアを2月12日から16日までの四泊五日の短期農村体験プログラム を用意して「、若葉のふるさと協力隊」を全国に募集しました。これに参加したのは5人の娘さん達でした。12日には廃校になった奥上林小学校校舎の教室で、地元の協力者、市役所の方達と宿を提供する私などとが挨拶を交わし、このイベントがはじまりました。


行燈とスタードームは、地域の竹を活用し、行燈四百個、ドーム三個を、応募した方達と地域と市役所からの参加の方達とで作る共同作業となりました。朝9時から午後4時迄の3日間と、最終日の現地設置のかなり大変なスケジュールでした。設置場所は あやべ温泉・薬草の森で、水車小屋の側に行燈とドームを並べ、日が暮れた雪の上にローソクの灯りをつける計画でした。



毎日の作業が終わりますと、綾部吉水に戻り五人娘さんはお台所で私と夕飯の仕度にかかります。初めて12日に吉水に到着されて、「築二百年の茅葺屋根の家は寒いですから、たくさん着込んでください。薪が無くなりましたらお風呂ははいれません。テレビはありません」など、非日常の5日間になることをお伝えしました。初めて顔を合わせた私を含めた六人の共同生活のはじまりです。


お台所には、地域の方達、市役所の方達からいただいた、だいこん、玉ねぎ、はくさい、菜花、かぶ、さといも、じゃがいも、さつまいも、鳥肉、さんまの干物、塩ジャケ。お米も、三箇所から持ってきてくださいました。私は京都から、揚げ、豆腐、京丹後から猪肉、人参、ネギ、小アジ、生わかめ、ブリのあら、などをとりよせました。調味料はマルナカ醤油、飯尾さんの富士酢、三河味醂、モンゴルの塩。これらの材料を使い、朝食、お弁当、夕飯を皆で作る、これも研修の一つでした。五十度で食材を洗い、煮立たせない料理により食材が活かされる美味しいお料理が出来上がることを体験してもらいました。



都会に暮らすことは食が疎かになりますが、命は食べる物で作られていることを是非認識して欲しいと思いますので、ついついお説教になってしまいました。調理途中で味見して貰ったりしながら、料理は情緒ではなく、科学だと私の考えも説明しました。初めは戸惑っていた彼女達でしたが、日が経つに伴い仲良く意志の疎通も滑らかになり、お料理の手順もとてもスムーズになりました。食器洗いも、油を拭き取ったあとに洗いますと、お湯だけで綺麗になります。など日常の暮らしの大切さをお伝えするのが今回の私の役目だったと思います。大根の皮の漬物、里芋の皮の素揚げなど、彼女達が今まで食べたことの無い料理もつくりました。また彼女達には、釜戸で炊くごはんも、囲炉裏を囲んで食べることも、初めてのことでした。


140218_2.jpg 140218_3s.jpg



こうして十五日の最終日を迎え朝からの雨にも負けず、行燈とドームを外に設置する作業に出かけていきました。冷たい雨は点火時間の前迄続きましたが、不思議な事に点火の時は雨が止みました。風は強く行燈も飛ばされたりしましたが、どうやら「冬あかり 水源の輝き 」が水の流れと雪の結晶とで表現する事ができました。寒さと雨と風にもめげず、途中何度も中止を考えながら、とうとう彼女達は冬あかりのイベントをしっかり完成させて終わらす事ができました。嵐との闘いにめげなかった五人娘さん達と、それを支えたおじさん達に大きな拍手を送りました。


テーマ:暮らし・生活
ジャンル:ライフ

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。