FC2ブログ
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

中川誼美

Author:中川誼美
(なかがわ・よしみ)
慶應義塾大学商学部卒業。結婚後間もなく住んだ米国ウッドストックでの生活に影響を受け、家庭にテレビを置かず、有機野菜などを中心としたナチュラルライフスタイルを実践。

家業の繊維会社、夫が経営する印刷会社の経理を担当しながら、「人と自然にやさしい生活の実践」を活かし、55歳のときに京都円山公園内に「京都吉水」を立ち上げる。

その後、内装すべてに自然素材を使用した宿「銀座吉水」を、さらに“ちょっと前の日本の暮らし”が体験できる「あやべ吉水」を開業。「銀座吉水」は、ホテルや旅館など観光施設を対象とした世界的な環境認証制度「グリーンキー」の日本第1号であり、英国テレグラフ社の「日本のホテルランキング」ではマンダリンに次いで2位にランクインし(3位がリッツカールトン)、海外からも高い評価を得ていたが、2011年東日本大震災による福島原発事故の影響を考慮して、「銀座吉水」を閉じた。

東京・築地本願寺、大阪・四天王寺、京都・大谷本廟ほかでオーガニックなものだけを集めた朝市を主宰、「美しい日本を残すために協力し合う会」代表。民俗学者宮本常一の流れを汲んで、故姫田忠義、小泉修吉、伊藤碩男の三氏が設立した一般社団法人民族文化映像研究所理事。2013年には東京に「馬喰町 スペース吉水」をオープンし、映画上映、コンサート、講演会、展覧会、古典芸能、ワークショプなど、様々なアートの発信にも努める。近江八幡や綾部、信州上田などで、町おこしも展開、日本各地を飛び回る。

著書に、『ちょっと前の日本の暮らし』(中公新書ラクレ)、『本当に大切にしたい日本の暮らし(自然と五感をいかす生活のススメ)』(WAVE出版)、『本当に大切にしたい日本のごはん(50度洗いと低温調理のススメ)』(WAVE出版)がある。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水源の里

2014.02.15 12:33|綾部吉水
部吉水は京都府の北部の綾部市の睦寄(むつより)にあり、京都市からは車で2時間足らずのところです。綾部市から日本海にぬける府道一号線をはさみ、上林川沿いの静かな村落の一つ鳥垣(とりがき)地区の山懐に宿があります。



140215_1.jpg
▲雪の綾部吉水




綾部市にはこの地区を含み多くの過疎の村がありますが、それらは「水源の里」といわれています。綾部市は以下のような条例をつくりました。

「水源地域に位置する集落は、豊かな自然に恵まれ、水源かん養や自然環境の保全、心をいやす安らぎの空間の提供など重要な役割を担っていますが、都市部への人口流出や少子化等により、過疎・高齢化が進み、集落における活力が低下しています。

綾部市は、こうした状況が特に深刻化し、集落自体の存続が危機的状況に直面している集落を『水源の里』と位置づけ、過疎化に歯止めをかけ、集落の振興と活性化を図るため、平成18年12月に全国に先駆けて、「綾部市水源の里条例」を制定しました」



綾部市が代表になり全国に呼びかけ、今や150を越える地域が「水源の里」として登録されるようになり、年に一度は全国大会を開くほどになっています。綾部吉水はまさにこの「水源の里」にあり、水源の元となる鳥垣渓谷が敷地の中を流れています。


140215_4.jpg 140215_3.jpg
▲古屋への雪道



ここより更に7キロ山あいを上ったところに古屋という集落があり、かつて七十人が住んでいた集落には、現在三軒に四人が暮らすようになっています。住人は90歳のIさん、88歳のWさん、83歳のHさんと、Uターンで帰っていらしたWさんの息子さんです。


140215_2.jpg




村林には樹齢千年栃の木が数えきれないほどあり、栃の木の本数を調査のボランティアが未だに把握しきれないほどで、五百本ともそれ以上ともいわれています。栃の実は九月に収穫し、栃の実を入れたおかきとあられを開発し、一年あまりの試作期間を経て今はおかきとあられ作りに三人のおばあちゃん達は忙しい日々を送っていらっしゃいます。


140215_5.jpg
▲作業する古屋のおばあちゃんたち



収穫から商品になるまでは、最低でも二ヶ月かかります。何故なら栃の実のアクを取る為に川で晒し、天日干しし、皮をむく重労働の末に、やっと材料として使えるようになります。私の綾部での楽しみの一つは、古屋の公民館での作業をしているお三人にお会いする事です。雪道を走り、澄んだ空気の古屋にたどりつき、公民館に入りますと、ちょうど注文の栃大福を作っていらっしゃる最中でした。邪魔しながらささやかなお手伝いをさせていただき、終わってからドイツ土産のチョコレートで一休みしました。


140215_8.jpg 140215_6.jpg
▲灰汁抜きが終わった栃の実    ▲栃大福




彼女達のそばにいさせていただきますと、明るい前向きな研究心旺盛な情熱が伝わり、いつも勇気をいただき、親元に帰ったような温かさに包まれます。作り方もああしたらどうか、こうしたらと、何か課題を持ちながら作業をしています。畑も田圃も一人仕事ですが、普通にこなされ、深い雪なども、春になったら融けるわ、と軽くいわれて、あわててしまいます。50ccのバイクで通うことも、なんとも思っていらっしゃらません。「水源の里」の一番小さい集落の最も元気な方達から、毎日の暮らしを決して疎かにしない素晴らしさにいつも感動しています。


140215_7.jpg
▲綾部吉水へ夕食にいらした古屋の方たち



夜には皆様をお招きしてお夕飯を召し上がっていただきましたが、若い方達におかきとあられの手作りの難しさをたのしそうに話されていました。「水源の里」が守られてこそ、下流の暮らしが成り立っていますが、そこを疎かにしている現実にいつ気がつくのでしょうか。

テーマ:暮らし・生活
ジャンル:ライフ

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。