06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

中川誼美

Author:中川誼美
(なかがわ・よしみ)
慶應義塾大学商学部卒業。結婚後間もなく住んだ米国ウッドストックでの生活に影響を受け、家庭にテレビを置かず、有機野菜などを中心としたナチュラルライフスタイルを実践。

家業の繊維会社、夫が経営する印刷会社の経理を担当しながら、「人と自然にやさしい生活の実践」を活かし、55歳のときに京都円山公園内に「京都吉水」を立ち上げる。

その後、内装すべてに自然素材を使用した宿「銀座吉水」を、さらに“ちょっと前の日本の暮らし”が体験できる「あやべ吉水」を開業。「銀座吉水」は、ホテルや旅館など観光施設を対象とした世界的な環境認証制度「グリーンキー」の日本第1号であり、英国テレグラフ社の「日本のホテルランキング」ではマンダリンに次いで2位にランクインし(3位がリッツカールトン)、海外からも高い評価を得ていたが、2011年東日本大震災による福島原発事故の影響を考慮して、「銀座吉水」を閉じた。

東京・築地本願寺、大阪・四天王寺、京都・大谷本廟ほかでオーガニックなものだけを集めた朝市を主宰、「美しい日本を残すために協力し合う会」代表。民俗学者宮本常一の流れを汲んで、故姫田忠義、小泉修吉、伊藤碩男の三氏が設立した一般社団法人民族文化映像研究所理事。2013年には東京に「馬喰町 スペース吉水」をオープンし、映画上映、コンサート、講演会、展覧会、古典芸能、ワークショプなど、様々なアートの発信にも努める。近江八幡や綾部、信州上田などで、町おこしも展開、日本各地を飛び回る。

著書に、『ちょっと前の日本の暮らし』(中公新書ラクレ)、『本当に大切にしたい日本の暮らし(自然と五感をいかす生活のススメ)』(WAVE出版)、『本当に大切にしたい日本のごはん(50度洗いと低温調理のススメ)』(WAVE出版)がある。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供の教育 その4

2014.02.11 08:03|ドイツ
ちゃんを通して、これ迄知らなかったドイツの暮らしが見えました。先輩のお母さんからもアドバイスがきます。薬局でも赤ちゃんの様子を聞いてくれます。助産婦さんを含め、共通の言葉は次のものでした。

「新しい世界に慣れるまでは、赤ちゃんは様々経験をしなければならないので、その手伝いをするのがお母さんはじめ回りの人の役目ですよ」



お腹の中の小宇宙からの新しい世界で初めてお乳を呑む姿を、不思議な思いで改めて見てしまいます。何故わかるのかしら? 笑い顏も何故できるの、まだ何も見ていないのに? オナラをする時力みます、何故? 客観的に見ていますと、確かに不思議なことばかりです。


新米お母さんにとっては泣き声にも神経質になりますが、助けになるものもいろいろあり、少し前の暮らしの智恵が活かされ伝えられていることも良くわりました。代々伝わる自然の草から抽出された薬、薬草茶、オイルやマッサージなど赤ちゃんの為に用意されているものにも、子育てを特別のこととせずに安心してお母さんは新しい生活に入っていくことができるようになっています。年寄りの意見など古臭いなどとは言わずに、伝えられていることを大切にしています。確かにいつでも助産婦さんに電話で心配事が聞けますことは、赤ちゃんにとっても安心です。



小さな命をじっと見ていますと、大人の生き方がどれ程大事かをつくづく考えさせられます。いつも誰かに護られ愛されている感覚を持って、赤ちゃんから子供へと成長していきます。親に出来ることは、安心して生きていけることを肌で伝えることだと思いました。


140211_2.jpg



赤ちゃんを見に様々な方が訪ねてきます。ご兄弟に身障者の方が二人いらっしゃることから、赤ちゃんを諦めたご夫妻が見えました。二人で代わる代わる赤ちゃんを抱いている姿にも、思いは深まりました。


140211_1.jpg



また赤ちゃんのお母さんの古くからの友人Kさんは、手編みのセーターを持って来て下さいました。赤ちゃんの誕生を楽しみに、彼のお姉さんはセーターを何枚も編みはじめましたが、完成しないまま癌で亡くなりました。途中の作品を、妹さん達が続けて編み終えて下さいました。追加の糸を探したり、片手の袖をほどいて色合わせをしたり、様々な工夫の末にセーターは出来上がりました。赤ちゃんが大きくなってそれに手を通す日に、お母さんはきっとKさんの話をするでしょう。温かく見守られて育つ赤ちゃん達が、安心して暮らせる日々がいつまでも続くことを心から願います。



私は別れ際に、「この子も小学生になって、お父さんと同じようにドイツの悲しい戦争の歴史を学ぶのかしら?」と聞きましたら、勿論との答が返ってきました。


テーマ:暮らし・生活
ジャンル:ライフ

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。