FC2ブログ
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

中川誼美

Author:中川誼美
(なかがわ・よしみ)
慶應義塾大学商学部卒業。結婚後間もなく住んだ米国ウッドストックでの生活に影響を受け、家庭にテレビを置かず、有機野菜などを中心としたナチュラルライフスタイルを実践。

家業の繊維会社、夫が経営する印刷会社の経理を担当しながら、「人と自然にやさしい生活の実践」を活かし、55歳のときに京都円山公園内に「京都吉水」を立ち上げる。

その後、内装すべてに自然素材を使用した宿「銀座吉水」を、さらに“ちょっと前の日本の暮らし”が体験できる「あやべ吉水」を開業。「銀座吉水」は、ホテルや旅館など観光施設を対象とした世界的な環境認証制度「グリーンキー」の日本第1号であり、英国テレグラフ社の「日本のホテルランキング」ではマンダリンに次いで2位にランクインし(3位がリッツカールトン)、海外からも高い評価を得ていたが、2011年東日本大震災による福島原発事故の影響を考慮して、「銀座吉水」を閉じた。

東京・築地本願寺、大阪・四天王寺、京都・大谷本廟ほかでオーガニックなものだけを集めた朝市を主宰、「美しい日本を残すために協力し合う会」代表。民俗学者宮本常一の流れを汲んで、故姫田忠義、小泉修吉、伊藤碩男の三氏が設立した一般社団法人民族文化映像研究所理事。2013年には東京に「馬喰町 スペース吉水」をオープンし、映画上映、コンサート、講演会、展覧会、古典芸能、ワークショプなど、様々なアートの発信にも努める。近江八幡や綾部、信州上田などで、町おこしも展開、日本各地を飛び回る。

著書に、『ちょっと前の日本の暮らし』(中公新書ラクレ)、『本当に大切にしたい日本の暮らし(自然と五感をいかす生活のススメ)』(WAVE出版)、『本当に大切にしたい日本のごはん(50度洗いと低温調理のススメ)』(WAVE出版)がある。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市民生活

2014.02.10 06:00|ドイツ
イツの街では朝市が地域ごとにありますから、住民は近くの市に出掛けます。火曜日、木曜日、土曜日 の3日間朝7時に始まり、午後1時には終わります。地域によって曜日が違います。土曜日の市の店の数は他の日の三倍に、お客様も年代性別を問わず多く店の前に行列をつくります。


140210_01.jpg 140210_02.jpg



大きな男性が買い物カゴにいっぱいの食糧を買って帰る姿は、中々よいものです。立ち話しの人達、ベビーカーを押すご夫婦、様々な暮らしが想像出来て楽しい光景を味わいます。長年顔馴染みのお店屋さんには寄っていきたくなります。フランスから来ているカラシ屋さんは粋なベレー帽を被っています。オーガニック農家のおじいちゃんの店は、必ず野草のフラワーアレンジメントがあり、ゆっくりした手つきで袋詰めしながら、少しおまけをしてくれます。フランスからの女性ばかりのパン屋さんにはいつも行列ができ、実にテキパキ感じよく応対しています。


140210_03.jpg 140210_04.jpg



七面鳥屋さんの品数の多いのも私には珍しく、ここもいつでも行列して順番を待ちますが、やはり女性ばかりのお店です。若い娘さんがリンゴとリンゴジュースだけを一人で販売しているところについ立ち寄りたくなり、リンゴを二キロ買いました。たまに陶芸家が店を出すこともありますが、殆どは食材で、花屋さんも必ず並んでいます。花束が5から15ユーロくらいですから、買い物カゴには花が添えられていることも多いです。花が見た目にずいぶん太くて丈夫そうに見えて華奢な感じがしませんのは、ドイツ流だからでしょうか。


140210_05.jpg 140210_06.jpg



このように特に土曜日の午前中、広場はお店と人々で賑わいますが、その歴史を尋ねましたら、数百年前から始まったといわれています。教会の広場に人が産物を持って集まり交換したことがマルシェで、いわゆる店舗ができる前の姿でした。商店街やスーパーマーケットができても、人々は日常の食材を求めてマルシェ広場に集まってきます。暮らしのリズムがずっと継続されていることを示しています。


140210_07.jpg 140210_08.jpg



私が始めた銀座築地本願寺の「安穏朝市」、京都大谷本廟の「本廟さんの朝市」、大阪四天王寺の「わつか市」は、同じように 広場を使わせていただいていますが、またまだ日常に取り込まれていくまでにはいきません。回数も月に一度ではとてもお台所の足しにはなりませんから。恐らく数百年前は同じように門前での市が盛んにおこなわれていたのだと思いますが、商業が盛んになるにつれ市は不要になってしまいました。有機野菜の農家さんも増えてはきましたが、販売に手がまわらないとの声を聞きます。この事につきましても、仕組みを変えなければならないと思います。


次に市民生活で欠かせないものが散歩です。大小様々な都市がありますが、必ず散歩の出来る森や川があります。カールスルーエにも大きな森があり、散歩、ジョギング、サイクリングと、人々は盛んにこの森に行きます。また車で20〜30分ほどのところにライン川があり、その両岸は森と散歩道が先が見えないほど続いています。日曜日の午後などは切れ目がない程人々が歩いています。自転車も走りますが。


140210_09.jpg 140210_10.jpg
▲散歩の森(左)と子供の遊び場



以前にも書きましたが、森にも川にもお店屋さんは一軒もありません。自然に溶け込めない物は何もありません。散歩道にも看板一つありません。川と空と森だけの道を歩きます。子供の頃から変わらない景色を見て育ち、それをじゃまする商業施設なども見ることなく大人になるのですから、改めての環境教育は必要ないのだと思います。川岸の広場で大人達がボール遊びをしている、その隣の広場に子供用の遊び場があり、そこで子供達を遊ばせていたことがあります。ふと周囲を見渡しますと、対岸にも、広場の周りにも昔のままの風景が広がり、それらを妨げるものは全く見当たりませんでした。自然をそのまま守る大人達の姿を子供の頃から見ているのですから、景観を大切にする心が育つのは当たり前の事です。


140210_11.jpg 140210_12.jpg
▲ライン川、景観を壊す物は何一つない



日頃私達は看板や旗の宣伝に慣らされ、これらを見苦しいものとも感じる事なく過ごしています。古都京都ですら、このような情景から逃れられません。以前神戸からいらしたイタリア領事館長夫人に言われた事がありました。素晴らしいと感動するような借景の場所に看板があり申し訳ない気持ちだと申し上げた時に「私は看板を無いものと思って、美しいものだけを見る事にしています」と。

テーマ:暮らし・生活
ジャンル:ライフ

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。