03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

中川誼美

Author:中川誼美
(なかがわ・よしみ)
慶應義塾大学商学部卒業。結婚後間もなく住んだ米国ウッドストックでの生活に影響を受け、家庭にテレビを置かず、有機野菜などを中心としたナチュラルライフスタイルを実践。

家業の繊維会社、夫が経営する印刷会社の経理を担当しながら、「人と自然にやさしい生活の実践」を活かし、55歳のときに京都円山公園内に「京都吉水」を立ち上げる。

その後、内装すべてに自然素材を使用した宿「銀座吉水」を、さらに“ちょっと前の日本の暮らし”が体験できる「あやべ吉水」を開業。「銀座吉水」は、ホテルや旅館など観光施設を対象とした世界的な環境認証制度「グリーンキー」の日本第1号であり、英国テレグラフ社の「日本のホテルランキング」ではマンダリンに次いで2位にランクインし(3位がリッツカールトン)、海外からも高い評価を得ていたが、2011年東日本大震災による福島原発事故の影響を考慮して、「銀座吉水」を閉じた。

東京・築地本願寺、大阪・四天王寺、京都・大谷本廟ほかでオーガニックなものだけを集めた朝市を主宰、「美しい日本を残すために協力し合う会」代表。民俗学者宮本常一の流れを汲んで、故姫田忠義、小泉修吉、伊藤碩男の三氏が設立した一般社団法人民族文化映像研究所理事。2013年には東京に「馬喰町 スペース吉水」をオープンし、映画上映、コンサート、講演会、展覧会、古典芸能、ワークショプなど、様々なアートの発信にも努める。近江八幡や綾部、信州上田などで、町おこしも展開、日本各地を飛び回る。

著書に、『ちょっと前の日本の暮らし』(中公新書ラクレ)、『本当に大切にしたい日本の暮らし(自然と五感をいかす生活のススメ)』(WAVE出版)、『本当に大切にしたい日本のごはん(50度洗いと低温調理のススメ)』(WAVE出版)がある。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古い建物の価値

2014.02.09 13:15|ドイツ
イツに居て何かが違うと感じる一番の理由は、地震がないことです。私達日本人は、天災を日常の出来事として、生涯付き合わなければなりません。


和辻哲郎の哲学の中の 「風土論」を思い出しました。風土をモンスーン(日本も含む)、砂漠、牧場に分け、それぞれの風土と文化、思想の関連を追究し、『風土』の中に見られる「風土が人間に影響する」という思想を、この度私なりに納得し、日本とドイツの生活文化の比較をする場合に「風土論」からの学びを実感いたしました。


モンスーン地帯に住む日本は、常に自然の脅威の中での暮らしを強いられています。台風、地震、津波、火山の爆発、数え切れないほどの自然の変化を、日常いつも頭の何処かで考えていなければなりません。建物が作っては壊されることも、頭の何処かで承知しているようなところもあります。和辻哲学の風土では、こうした中で「諦め」の思想が生まれるとしています。大きな力に屈服していく思想も、自然の力にはかなわないと思える思想を背景にしています。「長い物には巻かれろ」精神が生まれたのも、風土からでしょうか。


140209_1.jpg
▲築100年を超す建物が今も現役



ヨーロッパの風土は牧場と区分され、この中で育った文化と思想は、計画的に創り上げることが基本となります。天災の被害に対処するのではなく、自ら開拓し自然を取り込んでいくことになります。このような風土と関わる中で、その土地の暮らしが生まれるのは当然といえます。毎日石造りの建物の街並みを見ていますと、確かに計画され自然の変化から身を守る仕組みがしっかり出来てると思えます。従ってヨーロッパのどこの街並みも百年以上前に作られた物が多く、その時の街づくり計画での道巾の広さには驚かされます。巴里のシャンゼリゼなどはすでに1724年には出来ていて、18世紀末にはファッション通りになっていました。古い建物も石造りですから、長い年月を経ても姿を変えずに活用されています。建物の中は大分改装されてはいますが、外観はそのままで他の建物との調和を大切にしています。


140209_2.jpg
▲建物の中は快適です



何軒もこの種のアパートや家を訪ねましたが、百年以上の建物ばかりで、間取りのゆとりある様子にも感心してしまいます。不動産取引としても、古いから安いという発想はなく、人気の建物になっています。外観や入口、階段などは古めかしいままですが、中の部屋は広く天井も高く集中暖房にもなっていますから、かなり快適な空間といえます。私が知っている一番古い建物は 1600年代のもので普通の家として使われています。もちろん観光の対象などにはなっていません。あるドイツの資本家でさえ、私に「家は投資の為にかうものではなく、住むためのものだ、売り買いして儲けるためのものではない」と言われました。


140209_3.jpg
▲集中暖房と二重窓



開発され新しい豪華アパート群もできてはいますから、この先はどうなるのかは分かりませんが、高い天井好みの人達には余り興味がないようです。古い建物を大切に使うことは特別なことではなく、古くなったからと言って建て替えていくようなことはありません。むしろ不動産価値として安くなることもありません。


このようはことが分かってから比べますと、京都で日々古い家が壊されていき、そこに新建材の家ができるのが当たり前になっている現状に悲しくなります。古民家を再生活用したいとの運動もありますが、中々進みません。古い物を大事に維持していく思想は、建物だけに限ったことではなく、暮らしそのものの中でも守られていかなければなりません。モンスーン地帯にある日本だからこそ、自然との共存を、今の時代なら理論的に構築して、それを実現していくことで、諦め文化からの脱出は可能だと思います。


テーマ:暮らし・生活
ジャンル:ライフ

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。