06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

中川誼美

Author:中川誼美
(なかがわ・よしみ)
慶應義塾大学商学部卒業。結婚後間もなく住んだ米国ウッドストックでの生活に影響を受け、家庭にテレビを置かず、有機野菜などを中心としたナチュラルライフスタイルを実践。

家業の繊維会社、夫が経営する印刷会社の経理を担当しながら、「人と自然にやさしい生活の実践」を活かし、55歳のときに京都円山公園内に「京都吉水」を立ち上げる。

その後、内装すべてに自然素材を使用した宿「銀座吉水」を、さらに“ちょっと前の日本の暮らし”が体験できる「あやべ吉水」を開業。「銀座吉水」は、ホテルや旅館など観光施設を対象とした世界的な環境認証制度「グリーンキー」の日本第1号であり、英国テレグラフ社の「日本のホテルランキング」ではマンダリンに次いで2位にランクインし(3位がリッツカールトン)、海外からも高い評価を得ていたが、2011年東日本大震災による福島原発事故の影響を考慮して、「銀座吉水」を閉じた。

東京・築地本願寺、大阪・四天王寺、京都・大谷本廟ほかでオーガニックなものだけを集めた朝市を主宰、「美しい日本を残すために協力し合う会」代表。民俗学者宮本常一の流れを汲んで、故姫田忠義、小泉修吉、伊藤碩男の三氏が設立した一般社団法人民族文化映像研究所理事。2013年には東京に「馬喰町 スペース吉水」をオープンし、映画上映、コンサート、講演会、展覧会、古典芸能、ワークショプなど、様々なアートの発信にも努める。近江八幡や綾部、信州上田などで、町おこしも展開、日本各地を飛び回る。

著書に、『ちょっと前の日本の暮らし』(中公新書ラクレ)、『本当に大切にしたい日本の暮らし(自然と五感をいかす生活のススメ)』(WAVE出版)、『本当に大切にしたい日本のごはん(50度洗いと低温調理のススメ)』(WAVE出版)がある。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

物価について

2014.02.08 14:52|ドイツ
い話で恐縮ですか、1970年にアメリカで暮らした時の物価について思い出してみました。日本の大学卒の初任給が、大会社で2万円から2万5千円。私の大学の一年間の授業料が7万弱。コロッケが10円など、日本の当時の物価の例です。

この時1ドルは360円でしたから、私達が住んだニューヨーク州ウッドストックの友人のお給料の額にはびっくりしました。2千ドルのお給料は、とてつもない金額に思えました。彼はベトナム戦争の空軍の兵士でしたから、そのまま飛行機のパイロットになり、このお給料になったわけです。


そしてこのほぼ半世紀の間に、1ドルは100円になり、私達の暮らしの物価は10倍以上になりました。パイロットの友人はその後もゆったりと無理せず勤務時間を増やしませんでしたから、2千ドルの収入を倍に増やすようなことなく退職して、今はノーフォークの大きな家で年金暮らしをしています。


こうしてみますと、ウッドストックの時の彼の収入での暮らしの内容は、円に換算しなければ、支出と釣り合ったものだったのだと思いました。マクドナルドのハンバーガーが1ドル、マンハッタンまでのハイウエー料金が1ドル80セントなどを思い出しますと、ニューヨーク市から150キロ離れた、丁度軽井沢位の距離にある静かな村に家族五人で暮らすのは標準的なものだったのだと、今は考えられます。当時はとてつもないお金持ちの家に住まわせて貰っているように感じていましたが、ドルと円との価値の違いがこの感覚を生んでいたのでした。


半世紀近くが経ち、日本の所得も欧米並みになりましたが、円高、円安などと為替の動きは庶民の暮らしには直接は感じられず、いちいち換算する必要はないと思いました。この度1ユーロは140円を上がり下がりしていますが、ドイツ滞在中での物価を円に換算してみることは意味がないとつくづく思いました。ドイツに来たら、ドイツの暮らしのなかでの物価の位置を考えなければなりません。円に換算して高いと感じるのは円の国から来たからで、ドイツで所得を得て消費していくにはそこでの物の価値を判断しなければなりません。暮らしやすいかどうかの判断は、その国での基準に合わせなければ意味がないと思います


ドイツでの生活必需品の値段を見てみます。


140208_2_s.jpg
▲オーガニックな黒パン



大きな黒パンが3.5 EUR(これは日本ですと、このようなパンは特別なパン屋さんにしかありませんから千円はします)
全粒粉スパゲティ500g 0.85EUR
大根 1.80EUR
チーズ 1.69EUR
原木生椎茸三個 1.61EUR
モッサレラチーズ 0.99EUR
玄米 500g 3.29EUR
七面鳥のソーセージ長4本 2.80EUR
牛乳 1EUR 人参6本 2EUR

など、オーガニックの店での食品の値段です。


140208_3_s.jpg
▲朝食もオーガニック食品が簡単に揃います



こうしてみますと、乳製品や小麦製品などは必需品ですから、日本に比べますとかなり安いです。しかも全て有機材料からできているものばかりですから、この点でも安く思えます。私は 物価の判断は1ユーロは日本の100円に相当するものとして考える事にしました。何が理由かよくわかりませんが、安倍政権になってから急に輸出企業が有利な円安になりましたが、生活物価の判断には100円が適切だと思います。


ドイツには巨大都市がありませんので、物価が極端に違うこともありません。このことは不動産投資額が物価にもろに反映されるようなことは少ないと考えられます。ドイツからきた友人が銀座の中央通りに面した店でコーヒーを飲んだら千円だったと驚いて、レシートを記念に持ち帰ったことを思い出しました。



140208_1_s.jpg
▲色や形が不揃いでも、味が濃く美味しい



ドイツでのオーガニック食品への需要は伸びる一方で店の数も増え、買い物はかなり便利になりました。有機野菜でないというマルシェの八百屋さんの野菜ですら、形や大きさが不揃いで味も濃く美味しいです。まだこの点についても調べてはいませんが、野菜の密度が高いように感じます。


ドイツにおりますと、普段は贅沢品のオーガニックチーズやソーセージなど、また噛みごたえのある黒パンを気楽に食べることができます。暮らしの中味を知るには、実際買い物をして、料理してみなければわからないことばかりです。日常の安心安全な食材が、このように手軽に手に入る状況には心から羨ましいと思います。メルケル首相が数年前に、オーガニック食材の供給を全体の二割にすると約束してから、恐らくその割合はもっと進んだと思えます。


テーマ:暮らし・生活
ジャンル:ライフ

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。