FC2ブログ
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

中川誼美

Author:中川誼美
(なかがわ・よしみ)
慶應義塾大学商学部卒業。結婚後間もなく住んだ米国ウッドストックでの生活に影響を受け、家庭にテレビを置かず、有機野菜などを中心としたナチュラルライフスタイルを実践。

家業の繊維会社、夫が経営する印刷会社の経理を担当しながら、「人と自然にやさしい生活の実践」を活かし、55歳のときに京都円山公園内に「京都吉水」を立ち上げる。

その後、内装すべてに自然素材を使用した宿「銀座吉水」を、さらに“ちょっと前の日本の暮らし”が体験できる「あやべ吉水」を開業。「銀座吉水」は、ホテルや旅館など観光施設を対象とした世界的な環境認証制度「グリーンキー」の日本第1号であり、英国テレグラフ社の「日本のホテルランキング」ではマンダリンに次いで2位にランクインし(3位がリッツカールトン)、海外からも高い評価を得ていたが、2011年東日本大震災による福島原発事故の影響を考慮して、「銀座吉水」を閉じた。

東京・築地本願寺、大阪・四天王寺、京都・大谷本廟ほかでオーガニックなものだけを集めた朝市を主宰、「美しい日本を残すために協力し合う会」代表。民俗学者宮本常一の流れを汲んで、故姫田忠義、小泉修吉、伊藤碩男の三氏が設立した一般社団法人民族文化映像研究所理事。2013年には東京に「馬喰町 スペース吉水」をオープンし、映画上映、コンサート、講演会、展覧会、古典芸能、ワークショプなど、様々なアートの発信にも努める。近江八幡や綾部、信州上田などで、町おこしも展開、日本各地を飛び回る。

著書に、『ちょっと前の日本の暮らし』(中公新書ラクレ)、『本当に大切にしたい日本の暮らし(自然と五感をいかす生活のススメ)』(WAVE出版)、『本当に大切にしたい日本のごはん(50度洗いと低温調理のススメ)』(WAVE出版)がある。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供達の将来

2014.02.07 06:57|ドイツ
まれて病院から家に帰りますと、あらかじめお願いしていた助産婦さんが毎日訪問してくれます。病院でも産まれた翌日から、赤ちゃんとお母さんの様子を見にきてはアドバイスをしてくださいますから、母子は安心して家に帰れます。



140207_2.jpg
▲赤ちゃんの健康状態をチェックする助産婦さん



助産婦さんのSさんは三人の男の子のお母さんで一番上のお子さんにはお孫さんがいて、本当にどんな質問にも答えてくれます。訪問の度に袋に入れて目方をはかりますが、赤ちゃんが裸にされて袋に入る姿は私には珍しく見えますが、楽しい瞬間です。


140207_1.jpg
▲赤ちゃんを袋に入れて体重を計ります




役所に出生届けを出しますと、直ぐに納税番号が送られてきました。また初めの子供手当は184ユーロとの知らせもきていました。食費以外は無料で、一歳から保育園に、三歳から幼稚園に入れます。育児休暇は三年で、給与の67%が支払われます。この休暇は各自長さを選ぶ事ができます。


子供を育てる為に掛かる費用を日本と比べてみました。最近大手の銀行勤めの若いお母さんは、住まいの近くに空いている保育園がない為に、都心の私立の保育園に赤ちゃんを入れることにしました。毎日中央快速の通勤電車に乗って預けにいきます。月の保育料は15万円だそうです。私立の保育料が8万とは何度か聞いていましたが、この金額は初めてでした。保育料についても、日本の大都市政策が影響しています。大会社に勤め収入も多い場合は、保育費用もいといません。一方、子供の少ない山梨のある村では、保育費用は月1500円です。この費用の差をどのように考えるかです。


収入も支出も多く、経済のパイを大きくするか、小さいパイの中でゆったり暮らすかを、数字が現しています。一極集中型の都市の在り方がもたらす様々な悪循環と格差を、若い人達は広く見直して、暮らしに重点を置いた生き方を選んで欲しいと願わずにはいられません。


次に私は、いまでも戦争の歴史教育はあるのかと友人に訊きましたら、小学校では勿論週に一度は授業があり、やはりドイツ人の過去の歴史と責任についてしっかり教えていくのだそうです。彼女はやりずぎではないかと思うことがあると言っていました。戦後償いも十分してきているので、いつまでもその罪を償わなくても良いのではないかとも話してくれました。音楽大学の先生ですので、入試はドイツ語にしたらどうかと提案したところ、返ってきた答えは、「私達の国にはコンプレックスがあり、そのようなことは言えない、全てに機会を与えなくては」というものだたったそうでした。


徴兵制も五,六年前に廃止になりましたが、その制度の中でも、歴史上の史跡や博物館での辛い説明人を選んだ若者もいました。兵役を選ばずに選択することができました。


140207_3.jpg
▲Aさん(左)とJ君




京都吉水で研修を終えて帰国したJ君とAさんに、日本食をご馳走しながら彼等のこれからについて聞きました。J君はレストランでの修業を続けて行く方針に変わりはありませんが、学生時代の研修先の料理長が独立して開店したお店に、日曜日だけ働きに行っています。アルザスの高級レストランでの修業先のレベルに合わせた所で働きたい気持ちを持ち続け、独立したシェフについていきたいようです。恐らく、他所に行かずにお店の繁盛状況での雇用を待っているのだと思いますが、両親はまだ二十歳前だから時間はたくさんあると彼を見守っています。平日は郵便局の仕事をしていますが、料理への道を目指しています。


Aさんはハイデルベルク大学の法律学科に入学が決まり、四月から寮生活に入ると喜んでいました。学生寮はアメリカの軍隊が駐屯していた建物で、個人用の部屋も台所も広く、この建物に四人の学生が共同で暮らしていくので、どんな人が来るのか楽しみだそうです。寮費は300ユーロで光熱費込みです。アルバイトもして、自分で経費は負担していき、さらにお金も貯めて東京の留学提携大学に行くと決めていました。ハイデルベルク大学には日本語学科もありますから、そこでの勉強もするのだと、四月からに希望を持って元気いっぱいでした。



140207_4.jpg
▲Aさん(左)とEさん




大学はどこでも無料ですから、アルバイトはアパート代と生活費を稼げばよいので、長い休暇を利用します。またこの国の学生達は、ブランド商品を身につけたり、学生に相応しくない物を持つこともありませんから、学業に支障なく両立させ、かつ親からの独立の一歩も踏み出す事ができます。数人の卒業を控えた学生に会いましたが、それぞれ外国に行く計画を持っていました。大学に入る前にまず家を離れる経験を積むようです。ベルリン大学の舞台衣裳科に行くと決めたEさんは友達とオーストラリアの吉水のような所にいくと決めていました。若者が明るく自分の未来を語る姿は実に頼もしいものがあります。Aさんと、J君は吉水で食べた賄い食のお好み焼きが美味しかったなど日本での思い出話で昼のひと時を過ごしていきました。


テーマ:暮らし・生活
ジャンル:ライフ

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。