FC2ブログ
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

中川誼美

Author:中川誼美
(なかがわ・よしみ)
慶應義塾大学商学部卒業。結婚後間もなく住んだ米国ウッドストックでの生活に影響を受け、家庭にテレビを置かず、有機野菜などを中心としたナチュラルライフスタイルを実践。

家業の繊維会社、夫が経営する印刷会社の経理を担当しながら、「人と自然にやさしい生活の実践」を活かし、55歳のときに京都円山公園内に「京都吉水」を立ち上げる。

その後、内装すべてに自然素材を使用した宿「銀座吉水」を、さらに“ちょっと前の日本の暮らし”が体験できる「あやべ吉水」を開業。「銀座吉水」は、ホテルや旅館など観光施設を対象とした世界的な環境認証制度「グリーンキー」の日本第1号であり、英国テレグラフ社の「日本のホテルランキング」ではマンダリンに次いで2位にランクインし(3位がリッツカールトン)、海外からも高い評価を得ていたが、2011年東日本大震災による福島原発事故の影響を考慮して、「銀座吉水」を閉じた。

東京・築地本願寺、大阪・四天王寺、京都・大谷本廟ほかでオーガニックなものだけを集めた朝市を主宰、「美しい日本を残すために協力し合う会」代表。民俗学者宮本常一の流れを汲んで、故姫田忠義、小泉修吉、伊藤碩男の三氏が設立した一般社団法人民族文化映像研究所理事。2013年には東京に「馬喰町 スペース吉水」をオープンし、映画上映、コンサート、講演会、展覧会、古典芸能、ワークショプなど、様々なアートの発信にも努める。近江八幡や綾部、信州上田などで、町おこしも展開、日本各地を飛び回る。

著書に、『ちょっと前の日本の暮らし』(中公新書ラクレ)、『本当に大切にしたい日本の暮らし(自然と五感をいかす生活のススメ)』(WAVE出版)、『本当に大切にしたい日本のごはん(50度洗いと低温調理のススメ)』(WAVE出版)がある。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シェーナウに行ってきました

2014.02.06 06:00|ドイツ
は、カールスルーエと同じ州内の「黒い森」にあるシェーナウ(人口約2500人)という町の電気に関する市民活動について紹介します。




大きな地図で見る



きっかけは1986年のチェルノブイリの原発事故でした。放射性物質を含んだ雲は「黒い森」にも到達し、シェーナウでも不安が募りました。子供を持つ親達は特に自分たちの子供の心配をし、「原発のない未来のための親の会」を設立しました。5人の子供の母親であるSladekさんが中心となりました。彼女は「私のこの活動の動機は、子供の将来のためでした」と語っています。



140206_5_s.jpg 140206_2_s.jpg
EWS本社、屋根には太陽光発電パネル。静かな村を邪魔しない会社のあり様はドイツでは当たり前のようですね。




1994年、電力を自分たちで供給するために、シェーナウの市民グループは電力供給会社EWSを設立しました。EUの電力自由化指令に従って、1998年にドイツは電力市場の完全自由化を実現しました。これによってドイツでは、顧客は自分で電力供給会社を選べるようになったのです。この自由化以来、原発以外からの電気、環境にやさしい電気を求める人たちが増えていきました。EWSドイツ全国で環境にやさしい電気の供給をうたい、以前からの多くの賛同者がすぐさまシェーナウの“電力の反逆者”と呼ばれるEWSの顧客になったのです。初めは1700世帯だった顧客数が、2006年には3万7千世帯に、2010年12月には10万世帯を超える家庭といくつかの大きな企業を顧客として抱えています。GLS銀行、チョコレート会社のリッター、Bio食品店のAlnaturaやビオ豆腐製造会社Life Food社などがあります。


140206_3_s.jpg
EWS社内は、天窓を付け自然光を取り入れている




シェーナウは静かな村で、EWS社も通りには面していましたが、環境を妨げるような建物ではありませんでした。私が訪ねた前日、滋賀県知事の嘉田さんがいらしたとの新聞記事を見せて貰いました。特別な村に違いないのですが、会社もさりげなく、特別な看板があるわけでもなく、うっかり通り過ぎてしまいそうでした。日本でしたら大変な観光地になるに違いないと苦笑いをしてしまいました。市民が立ち上がり、それを応援する行政や企業との組み合わせが大切ですが、シェーナウやフェルトハイムの様に、電力を自給自足出来る村が日本に出来る日も必ず来ると信じたいです。


140206_4_s.jpg
▲村のレストランの屋根にもソーラーが設置されている。
この店の娘さんは 会社に勤めている。       





ただドイツでの問題は隣国フランスの原発です、ドイツでの電力の不足分を、今はこの原発から買っていますが、ドイツ国境近くにあり、何かあれば全て終わりになるという不安は消す事ができません。私達人類は、便利さの為に本当に危険を冒してしまいました。



テーマ:暮らし・生活
ジャンル:ライフ

タグ:ドイツ シェーナウ EWS 電力自給 エネルギー

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。