FC2ブログ
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

中川誼美

Author:中川誼美
(なかがわ・よしみ)
慶應義塾大学商学部卒業。結婚後間もなく住んだ米国ウッドストックでの生活に影響を受け、家庭にテレビを置かず、有機野菜などを中心としたナチュラルライフスタイルを実践。

家業の繊維会社、夫が経営する印刷会社の経理を担当しながら、「人と自然にやさしい生活の実践」を活かし、55歳のときに京都円山公園内に「京都吉水」を立ち上げる。

その後、内装すべてに自然素材を使用した宿「銀座吉水」を、さらに“ちょっと前の日本の暮らし”が体験できる「あやべ吉水」を開業。「銀座吉水」は、ホテルや旅館など観光施設を対象とした世界的な環境認証制度「グリーンキー」の日本第1号であり、英国テレグラフ社の「日本のホテルランキング」ではマンダリンに次いで2位にランクインし(3位がリッツカールトン)、海外からも高い評価を得ていたが、2011年東日本大震災による福島原発事故の影響を考慮して、「銀座吉水」を閉じた。

東京・築地本願寺、大阪・四天王寺、京都・大谷本廟ほかでオーガニックなものだけを集めた朝市を主宰、「美しい日本を残すために協力し合う会」代表。民俗学者宮本常一の流れを汲んで、故姫田忠義、小泉修吉、伊藤碩男の三氏が設立した一般社団法人民族文化映像研究所理事。2013年には東京に「馬喰町 スペース吉水」をオープンし、映画上映、コンサート、講演会、展覧会、古典芸能、ワークショプなど、様々なアートの発信にも努める。近江八幡や綾部、信州上田などで、町おこしも展開、日本各地を飛び回る。

著書に、『ちょっと前の日本の暮らし』(中公新書ラクレ)、『本当に大切にしたい日本の暮らし(自然と五感をいかす生活のススメ)』(WAVE出版)、『本当に大切にしたい日本のごはん(50度洗いと低温調理のススメ)』(WAVE出版)がある。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツの都市計画

2014.02.04 06:05|ドイツ
イツは、国家機能を持った16の州からできている連邦国家です。州は連邦同様一つの国家であり、ドイツ連邦共和国基本法に基づき、国家的機能の行使及び国家的任務(司法、立法、行政)の権利を有するとされ、任務の遂行も州の所管とされています。連邦共和国である事は、地方分権制度が行使されていて、それぞれの州は独立していることを意味しています。このような仕組みは、極端にいえば日本の江戸時代を想像する事ができます。


140203_4.jpg



地方の特色を活かし、ある程度の狭い範囲で州首相を中心に政治が行われています。ドイツの知っている都市の名前を言ってみなさいと言われた時に、ハノーバー、ハンブルグ、フランクフルト、ボン、デュッセルドルフ、ケルン、ベルリン、シュトゥットガルト、ミュンヘン、ハイデルベルクなど、数多くの都市名をあげる事ができます。日本とほぼ同じ広さの国土を持ち、人口は日本の約七割ですが、日本ですと、東京、京都くらいしか世界に知られた都市はありません。フランスでさえも、パリ、リオン、ニース、マルセイユなど、ドイツ程地方都市の名前が出てきません。私的な見方で恐縮ですが、この様に都市がそれぞれ力を持ち独立していることは、属する州がひとつの国だからではないでしょうか。



この点からも、地方分権制度により都市の規模が一箇所だけに集中することなく、人口も産業も分散されて、大き過ぎずに栄えています。ということは、職場と家庭との距離も短く通い易く、通勤に時間をかけないという利点が得られます。これと反対に東京、神奈川、埼玉に人口が集中する日本での暮らしは、多くのリスクが伴います。一番の悪循環は、仕事と家庭とが分離してしまうことです。様々な点から、ドイツ都市計画は暮らしを疎かにしない街づくりになりました。その上、インテリジェンスを持った人達が指導者になるのですから、市民も諦める事なく自分の国をしっかり見つめる事ができます。



140203_2.jpg 140203_3.jpg
▲家族の集い




それでは、何故このインテリジェンスが身につくのかと質問しましたところ、戦後の教育にその元があるとの答が返ってきました。ナチスドイツのとった行動に対し、徹底して反省する政策の中に子供達への教育があります。小学校一年生と二年生の間に、徹底した戦争への反省を示すものとして、戦争中どれ程ドイツ国家が酷い事をしたかを学ばなければならなかったそうです。娘婿や友人達は、それがどんなに怖かったかしれなかったと話していました。このように今でも戦争への責任と反省を続けていることを知り、私は言葉を失いました。このように教育された子供時代を経て考える力を育てた指導者達は、国の仕組みの中で人権を尊重した政治に向かっていくのだと思います。



140203_1.jpg
▲カールスルーエの市長さん(中央)



指導者達は同時に、暮らしも大切にしているのではないでしょうか、それも家庭や学校から学び、身についているからです。カールスルーエの市長さんに町で紹介された時は、買い物籠を持って奥さんとマルシェに来ていました。ラフな服装で夫人の後を歩く姿に、何ともいえずホッとしたものを感じました。勿論全ての政治家が優れているわけではありませんが、それでも企業から出張の折にホテル代を出して貰った事が理由で解任された政治家がいたそうですが、僅かな金額だから許されるという事ではないと、はっきり言い切っていました。また企業の責任についても見逃されません。ライン川に有毒な液を流した会社の社長は、即刑務所行きだったそうです。



何に関しても責任を取らない日本の国との違いには、ひたすら情けなさを感じます。戦後責任をとらずに、未だ謝罪もせず経済繁栄だけに目を向けてきた自分の国を憂いていますが、責任は私を含め一人一人の中にあるのだと思います。知れば知る程ドイツを羨ましいとは思いますが、次の世代のためにも諦めることなく、暮らしを見直していかなければなりません。


テーマ:暮らし・生活
ジャンル:ライフ

タグ:ドイツ 都市計画 地方分権 連邦国家

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。