06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

中川誼美

Author:中川誼美
(なかがわ・よしみ)
慶應義塾大学商学部卒業。結婚後間もなく住んだ米国ウッドストックでの生活に影響を受け、家庭にテレビを置かず、有機野菜などを中心としたナチュラルライフスタイルを実践。

家業の繊維会社、夫が経営する印刷会社の経理を担当しながら、「人と自然にやさしい生活の実践」を活かし、55歳のときに京都円山公園内に「京都吉水」を立ち上げる。

その後、内装すべてに自然素材を使用した宿「銀座吉水」を、さらに“ちょっと前の日本の暮らし”が体験できる「あやべ吉水」を開業。「銀座吉水」は、ホテルや旅館など観光施設を対象とした世界的な環境認証制度「グリーンキー」の日本第1号であり、英国テレグラフ社の「日本のホテルランキング」ではマンダリンに次いで2位にランクインし(3位がリッツカールトン)、海外からも高い評価を得ていたが、2011年東日本大震災による福島原発事故の影響を考慮して、「銀座吉水」を閉じた。

東京・築地本願寺、大阪・四天王寺、京都・大谷本廟ほかでオーガニックなものだけを集めた朝市を主宰、「美しい日本を残すために協力し合う会」代表。民俗学者宮本常一の流れを汲んで、故姫田忠義、小泉修吉、伊藤碩男の三氏が設立した一般社団法人民族文化映像研究所理事。2013年には東京に「馬喰町 スペース吉水」をオープンし、映画上映、コンサート、講演会、展覧会、古典芸能、ワークショプなど、様々なアートの発信にも努める。近江八幡や綾部、信州上田などで、町おこしも展開、日本各地を飛び回る。

著書に、『ちょっと前の日本の暮らし』(中公新書ラクレ)、『本当に大切にしたい日本の暮らし(自然と五感をいかす生活のススメ)』(WAVE出版)、『本当に大切にしたい日本のごはん(50度洗いと低温調理のススメ)』(WAVE出版)がある。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供の教育 その2

2014.02.02 06:00|ドイツ
ーロッパの福祉は、「ゆりかご から」と言われていますが、今回赤ちゃんの誕生に関していろいろ知ることができました。産院では生まれる前から助産婦さんの指導を受けます。お産の時の心構えや不安がないように様々な例をあげて、同じ頃にお産をするお母さん達への助言をします。また産まれたあと家に戻りますと、翌日から助産婦さんの訪問指導がありますので、あらかじめ助産婦さんを自分で選んでおきます。



産まれた赤ちゃんはまず綺麗に拭いて貰った後は、お母さんの胸の上にぴったりのせます。抱くというより、お腹の中で聞いていた心臓のリズムを感じて安心するためです。お母さんが疲れて寝てしまうような時は、お父さんの胸の上にのせて貰います。産湯をつかうことはありませんので、へその緒がついたまま綺麗に身体をふいてもらいます。へその緒が自然に取れる迄は、お風呂には入れませんから、赤ちゃんによって産湯日は違います。私は産湯についてかねがね疑問がありましたので、これを知り大変興味をもちました。



140202_3_s.jpg



お腹の中は小宇宙で、人類の進化の過程をいくつも経て人間になるのだと思います。産まれたばかりの赤ちゃんはまだ宇宙人で、自然界の様々な感覚を持っているのではないかとも思います。その自然界から得た感覚や感性を、お湯で洗いながしてしまうのが産湯かと思います。昔のお水には塩素も入っていませんでしたから、真水のお湯でしたが、今産湯の水を考えますと恐いのではないでしょうか。あの小さな身体に塩素がたっぷりかかるのですから、宇宙からいきなり俗世界に入れられてしまい、自然感覚は流されてしまう、とこの様に考えていましたので、ドイツでの産湯についての考え方はとても納得がいきました。ドイツ人の特別自然を大切にする感性は、産湯にも関係するのかしらと、私は勝手な解釈をしています。ですから、今回産湯に関して実例を見ることができたのは有難いことでした。



へその緒が取れてから初めて、助産婦さんの指導で産湯に入ります。お父さんが仕事場から一時帰宅して指導を受けることが多いようです。大きな手の中で、安心して赤ちゃんはまた羊水の中に戻ったようにうっとりしていました。耳がお湯の中に入っていましたので、心配して助産婦さんに訊きましたら、ずっと羊水の中にいたのだから、何も心配ないと。本当になるほどと納得しました。日本では必ず両耳を手で押さえて、お湯が入らないように注意します、大騒ぎだったことを思い出しました。



140202_4_convert_20140201201041.jpg




理屈にあった赤ちゃんの扱いを見ていますと、産まれた時から本人も周囲も理にかなった育ち方をするのかもしれません。日本の様に産湯につかり産着を着てからお母さんに抱かれるのとの違いは何かを、これから観察したり、専門家に聞いてみたいと思います。お産に関しての費用は診察、入院、助産婦さんの訪問指導 全て無料です。産まれて間もない赤ちゃんを、整体の先生にみていただくのも流行っているようです。



140202_1_s.jpg
▲赤ちゃんをみる整体の先生




とにかく何処をお訪ねしても、清潔に整頓されているのには驚きます。フランス人の先生の診療所は、家具や部屋のしつらえがセンセ良く、広い部屋は気持ち良い空間でした。赤ちゃんの健康状態を丁寧に触りながら確かめていました。頭の骨がまだ繋がっていない部分も正常であることをら確かめていました。「背骨の四番目がずれていたのは先天的なものではなく、お産の時のものなので治しておきました。すこぶる健康な身体ですから、ご安心して下さい」。先生の両手が赤ちゃんの頭を包んでいる間、気持ち良さそうにじっとしていたのは不思議でした。


140202_5_sjpg.jpg
ドイツの町の薬局




ドイツではホリッスティック医学が進んでいますから、薬局でも薬草なども普通に選ぶ事ができます。また一例ですが、おっぱいが出過ぎて困るお母さんの為に、病院からの許可を貰うと、ポンプを貸し出してくれるそうです。こんな小さな事にも無駄をしない暮らしの仕組みがみえます。直ぐに不要になるものについての配慮も国の方針のようです。暮らしを楽しむ、健康を第一とする、自然を大切にする、この三点を基本に暮らすドイツ人になる第一歩をご報告しました。



テーマ:暮らし・生活
ジャンル:ライフ

タグ:ドイツ 出産 赤ちゃん

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。