03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

中川誼美

Author:中川誼美
(なかがわ・よしみ)
慶應義塾大学商学部卒業。結婚後間もなく住んだ米国ウッドストックでの生活に影響を受け、家庭にテレビを置かず、有機野菜などを中心としたナチュラルライフスタイルを実践。

家業の繊維会社、夫が経営する印刷会社の経理を担当しながら、「人と自然にやさしい生活の実践」を活かし、55歳のときに京都円山公園内に「京都吉水」を立ち上げる。

その後、内装すべてに自然素材を使用した宿「銀座吉水」を、さらに“ちょっと前の日本の暮らし”が体験できる「あやべ吉水」を開業。「銀座吉水」は、ホテルや旅館など観光施設を対象とした世界的な環境認証制度「グリーンキー」の日本第1号であり、英国テレグラフ社の「日本のホテルランキング」ではマンダリンに次いで2位にランクインし(3位がリッツカールトン)、海外からも高い評価を得ていたが、2011年東日本大震災による福島原発事故の影響を考慮して、「銀座吉水」を閉じた。

東京・築地本願寺、大阪・四天王寺、京都・大谷本廟ほかでオーガニックなものだけを集めた朝市を主宰、「美しい日本を残すために協力し合う会」代表。民俗学者宮本常一の流れを汲んで、故姫田忠義、小泉修吉、伊藤碩男の三氏が設立した一般社団法人民族文化映像研究所理事。2013年には東京に「馬喰町 スペース吉水」をオープンし、映画上映、コンサート、講演会、展覧会、古典芸能、ワークショプなど、様々なアートの発信にも努める。近江八幡や綾部、信州上田などで、町おこしも展開、日本各地を飛び回る。

著書に、『ちょっと前の日本の暮らし』(中公新書ラクレ)、『本当に大切にしたい日本の暮らし(自然と五感をいかす生活のススメ)』(WAVE出版)、『本当に大切にしたい日本のごはん(50度洗いと低温調理のススメ)』(WAVE出版)がある。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供の教育

2014.02.01 10:10|ドイツ
教育費ですが、ドイツでは学校はほとんどが国立ですから、教育費用の負担はかなり少ないといえます。ドイツでは、法律上私立学校が簡単にはつくれないようになっていますから、余程のお金持ちか子供が国立に行けない事情を持っている場合以外は、私立の学校にはいきません。また大学は全て国立ですから、ここでも教育費用はかかりません。


小学校四年生 10歳で、
大学進学コース =ギムナジュウム
物作りコース=ハウプトシューレ(職人コース)
事務仕事・秘書・サービス業などの専門職コース =レアルシューレ
以上三つのコースの中から自分に相応しいものを選びます。全て無料です。


進学コースのギムナジウムコースを選んだ子供の両親は、子供が高校に入りますと、両親はもう一度自分も高校生になったかのごとく勉強しなければなりません。なぜなら、塾のないドイツでは親が子供の勉強に付き合わなければなりませんから。笑い話の様に親が勉強を始めます。このことは家庭に教育費用の負担がないことと、見逃せないのは、父親も母親も遅くまで仕事をしたり、同僚や上司と呑んだりして夕飯に間に合わないような暮しをしていないことを意味しています。殆どの人達は、通勤が三十分もかかる所には住みません。



子供が一人でご飯を食べて塾に行くような光景は全くないという事は、子供達の成長に親があくまで責任を持っていることになります。たまに家庭教師を頼む家もあるそうですが、日本ほど高くはありません。また子供の生まれながらの才能を親は見極め、それを大切にします。収入が良い職業を得るために、何がなんでも学校を選び、一生収入の安定を求めて嫌な勉強をさせる親は明らかに少ないです。それは子供の自立に繋がり、自分の道を自分で選ぶことを当然と考えています。



大学無料の仕組みはよその国からの留学生にも適用されますから、ドイツで働いてもいない親の子供にも教育の機会を平等に与えてくれます。学生保険として、月に1500円程払いますと、医師は勿論、歯の治療、メガネの修理、肩こりなど(音大生にはつきものだということで)に保険が使えます。この無料制度のおかげで、ダブルスクールの学生もたくさんいます。医学部と音楽大学。 医学部と法律大学、音楽大学と理科大学 音楽大学と法律学(日本では親が破産してしまいます)などのコースに行く学生は、珍しいことではありません。お医者さんがオーケストラ団員を兼ねている場合も、たくさんあります。



以前国が学費有料化の法律改正をしたいと発表した時、反対の理由として、そこで増やしたい国の収入を何に使うのかを問いただされた時、その必要がないからと国民が反対して、無料制度は未だに続いています。




昨年六月から二ヶ月間、九月から三ヶ月間 ドイツから職人コース卒業のJ君と、進学コースのAさんが、共に18才で京都吉水に研修生として滞在しました。J君は料理人の道を選び、ドイツ人ですがフランスのアルザス地方に住まいがあるため、フランスの学校に通い、シェフの修行を授業として受けて卒業したばかりでしたから、異文化の料理を体験することを私に勧められて初めて外国へ一人旅をしてきました。穏やかな性格の彼は吉水に馴染み、朝から朝食の準備後片付けなどを手伝い、午後3時過ぎからは自由時間を得て、自転車で京都を堪能しました。夏になりますと蚊に悩まされましたが、自然豊かな吉水のロケーションを気に入っていました。



140201_2.jpg 140201_1.jpg
▲テーブルセッティングから料理まで、J君がすべて準備した京都吉水でのディナー



お別れの数日前に、彼はシェフの姿となってフランス料理をスタッフ一同に 作って招待してくれました。彼は先輩から習った新しいメニューにも挑戦し、私達は楽しい時間を過ごしました。




140201_4.jpg
京都吉水で研修中のAさん




J君のことを聞き、私も行きたいと、次にAさんが吉水に来ました。九月からのAさんはギムナジウムの卒業試験にパスしていましたので、吉水での三ヶ月は日本語を学んだり、お茶やお習字の稽古にも通いました。テキパキ働く姿はかわいらしく、それはお母さんから厳しくしつけられたからだそうです。クリスマス前にドイツに帰りましたが、法律大学に通いテーマをアジアの人権にしたいなどとも言っていました。ふたりとも東京や横浜見物にも案内しましたが、ドイツには無い、原宿の様な繁華街にはビックリでした。今回も2人には会って、日本滞在がどうだったのか聞いてみる予定です。


テーマ:暮らし・生活
ジャンル:ライフ

タグ:ドイツ 教育 京都吉水

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。