03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

中川誼美

Author:中川誼美
(なかがわ・よしみ)
慶應義塾大学商学部卒業。結婚後間もなく住んだ米国ウッドストックでの生活に影響を受け、家庭にテレビを置かず、有機野菜などを中心としたナチュラルライフスタイルを実践。

家業の繊維会社、夫が経営する印刷会社の経理を担当しながら、「人と自然にやさしい生活の実践」を活かし、55歳のときに京都円山公園内に「京都吉水」を立ち上げる。

その後、内装すべてに自然素材を使用した宿「銀座吉水」を、さらに“ちょっと前の日本の暮らし”が体験できる「あやべ吉水」を開業。「銀座吉水」は、ホテルや旅館など観光施設を対象とした世界的な環境認証制度「グリーンキー」の日本第1号であり、英国テレグラフ社の「日本のホテルランキング」ではマンダリンに次いで2位にランクインし(3位がリッツカールトン)、海外からも高い評価を得ていたが、2011年東日本大震災による福島原発事故の影響を考慮して、「銀座吉水」を閉じた。

東京・築地本願寺、大阪・四天王寺、京都・大谷本廟ほかでオーガニックなものだけを集めた朝市を主宰、「美しい日本を残すために協力し合う会」代表。民俗学者宮本常一の流れを汲んで、故姫田忠義、小泉修吉、伊藤碩男の三氏が設立した一般社団法人民族文化映像研究所理事。2013年には東京に「馬喰町 スペース吉水」をオープンし、映画上映、コンサート、講演会、展覧会、古典芸能、ワークショプなど、様々なアートの発信にも努める。近江八幡や綾部、信州上田などで、町おこしも展開、日本各地を飛び回る。

著書に、『ちょっと前の日本の暮らし』(中公新書ラクレ)、『本当に大切にしたい日本の暮らし(自然と五感をいかす生活のススメ)』(WAVE出版)、『本当に大切にしたい日本のごはん(50度洗いと低温調理のススメ)』(WAVE出版)がある。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツのお台所

2014.01.31 08:29|ドイツ
日の食事を作る台所はとても気になる場所ですが、ドイツでは幸いどちらの御宅をお訪ねしても、台所とリビングルームには必ず通されます。まずお伺いしますと、家の中が綺麗に整頓されていて、それは来客を意識している為ではなく、日常的な習慣なのだとわかります。お台所も散らかっていませんし、収納場所と持っているものとのバランスが良いのに違いないと思います。またおが綺麗に磨かれていることにもいつも驚きます。


140131_001.jpg 140131_02.jpg
▲売られている調理器具はどれもステンレス製



ドイツでのおはほとんどがステンレス製で、一番身体に害がないとされていて、お値段は安いとはいえませんが、どこの売り場にも必ずこの種のが並んでいます。アルミ製のものなどは、これまで見たことがありません。日本で売っているドイツ製のはいわゆる高級品として売られていますが、ドイツでは当たり前にステンレス製のを一般庶民が台所に持っています。他に選び様がないのかもしれませんが、安かれ悪かれの精神が供給側にも消費者にもないのだと思えます。


140131_009.jpg 140131_010.jpg



一般の家で使っているステンレス製のおを並べてみました。引き出しの中も整理されていますが、これも特別なことではありません。


140131_003.jpg 140131_008.jpg
▲若夫婦の家のキッチン




また若夫婦の家をおたずねしましたら、やはりステンレス製のお鍋でウインナーを茹でたり、普通に料理に使っています。ちなみにこの夫婦の借りた家は、カールスルーエの少し郊外にあります、といっても車で十五分のところです。駐車場付き前庭、裏庭もかなり広く、家は地下を含むと四階建になりますが、建て坪は五十坪以上になり家賃は、日本円で約9万5千円です。東京ですと、9坪のアパート代に等しいとのことです。夫も妻も書斎を持ち、寝室は来客用もあります。リビングとキッチンも十分広く、かなり快適な暮らしができます。


140131_005.jpg 140131_007.jpg
▲アパートメントホテル       ▲アパートメントホテルのキッチン



台所につきましては、カールスルーエからの旅先でも長居をする時はキッチン付きホテルに泊まることにしていますが、良く設備が整いお料理を楽しむ事ができます。


140131_004.jpg 140131_006.jpg
▲美しく整理されているオーガニックファーマーの店内



お店の中も整理されていることには感心します。夏にオーガニックファーマーに自家製ソーセージなどや野菜を買いに度々行きましたが、整理され清潔な事がよく分かります。農家の周囲がやはり整頓されています。一例として写真を掲載しましたが、どちらに行っても同じです。レストランの厨房の中も本当に清潔に片付いています。


暮らしが大切にされているからこそ、日々の整頓が当たり前になっているのだと思います。ドイツでは「人生の半分以上を整理整頓に当てる」との諺があるくらいです。ものごとの筋道をつけるのも整頓から始まるのです。日々の暮らしを大切にすること、健康を第一に考えること、自然環境に配慮する。この三点に重点をおいていると言われています。正に私が提案している「命がよろこぶ暮らし」が、ドイツでは当たり前のことのようです。


テーマ:暮らし・生活
ジャンル:ライフ

タグ:ドイツ 台所 キッチン

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。