06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

中川誼美

Author:中川誼美
(なかがわ・よしみ)
慶應義塾大学商学部卒業。結婚後間もなく住んだ米国ウッドストックでの生活に影響を受け、家庭にテレビを置かず、有機野菜などを中心としたナチュラルライフスタイルを実践。

家業の繊維会社、夫が経営する印刷会社の経理を担当しながら、「人と自然にやさしい生活の実践」を活かし、55歳のときに京都円山公園内に「京都吉水」を立ち上げる。

その後、内装すべてに自然素材を使用した宿「銀座吉水」を、さらに“ちょっと前の日本の暮らし”が体験できる「あやべ吉水」を開業。「銀座吉水」は、ホテルや旅館など観光施設を対象とした世界的な環境認証制度「グリーンキー」の日本第1号であり、英国テレグラフ社の「日本のホテルランキング」ではマンダリンに次いで2位にランクインし(3位がリッツカールトン)、海外からも高い評価を得ていたが、2011年東日本大震災による福島原発事故の影響を考慮して、「銀座吉水」を閉じた。

東京・築地本願寺、大阪・四天王寺、京都・大谷本廟ほかでオーガニックなものだけを集めた朝市を主宰、「美しい日本を残すために協力し合う会」代表。民俗学者宮本常一の流れを汲んで、故姫田忠義、小泉修吉、伊藤碩男の三氏が設立した一般社団法人民族文化映像研究所理事。2013年には東京に「馬喰町 スペース吉水」をオープンし、映画上映、コンサート、講演会、展覧会、古典芸能、ワークショプなど、様々なアートの発信にも努める。近江八幡や綾部、信州上田などで、町おこしも展開、日本各地を飛び回る。

著書に、『ちょっと前の日本の暮らし』(中公新書ラクレ)、『本当に大切にしたい日本の暮らし(自然と五感をいかす生活のススメ)』(WAVE出版)、『本当に大切にしたい日本のごはん(50度洗いと低温調理のススメ)』(WAVE出版)がある。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

景観について

2014.01.30 06:50|ドイツ
板については、やはり国で決められているようです。「黄色と赤色は組み合わせてはいけない」などから始まり、街の景観を乱さないことを、市民も承知しています。過大広告の店には行かない、売りたい気持ちが見え見えの店には行かない、ダイレクトメールも受け取らない、など挙げたらきりがないほど、市民の意識もしっかりしています。


140129_1.jpg 140129_2.jpg
▲信号がなくロータリーになった交差点の標示   ▲看板がグリーンのマクドナルド



道路標識も郊外に行きますと実に小さい道標で、これも景観を乱さないようにしています。マクドナルドでさえグリーンの看板になっていて、そのほうが店が繁盛するとのことです。田舎道はどこ迄走っても看板が並ぶようなこともなく、静かな田園風景は美しい!と感じます。



140129_3.jpg
▲カールスルーエのブドウ畑




カールスルーエはフランスのアルザス地方に隣接していますから、境界線のない国境を行ったり来たりできます。ブドウの産地のパルス地方からアルザスの村にかけては、夏には花が咲き乱れ、緑の畑が遠く遠く迄続きます。この光景も観光の為にあるのではなく、農業が暮らしの中心にあるからです。



フランスでは「最も美しい村」を指定する連合があります。アルザス地方にも幾つかの「美しい村」に指定された村があります。これを日本でも取り入れ、「日本で最も美しい村」連合が立ち上がりました。私の友人がその代表でしたから、その「美しい村」 に行く機会がありました。はじめは7つの村から始まり、今では50を越える地域が連合から「美しい村」として、指定されています。



写真を見ますと、「なんて素晴らしいんでしょう」と納得しますが、実際行ってみますと、写真の所は確かですが、周囲に目を向けますと、看板、宣伝旗、自動販売機など景観を損なう物がたくさんあります。その意味からも、美しさの規模と質がフランスやドイツとは違うのです。つまり観光目的ではなく、暮らしから産まれた暮らしを表現している場所なのですから、景観の至る所に住む人々の存在があります。日本の連合の総会に出た時に、旗、看板、自動販売機の存在についての考えを聞きましたが、答えは得られませんでした。また代表の友人にも、美しさの質が違うのではないかと直接話してもみましたが、「美しい村」は増える一方です。



日本では空間が広告目的で占拠されていると思っています。道を歩いていても、電車に乗っていても、常に広告が目に入ります。国道沿いの店が並ぶところは、日本中何処に行っても同じ広告看板がけばけばしく立っています。その先に「美しい村 」があったりします。かつては暮らしの中に簡素な清潔な空間があったのが普通のことでした。村も街も静かな色あいとバランスのとれた町並みがありましたが、観光第一の京都にしても、看板と旗とが大きな顔をしています。物に溢れています、道路も家の中もです。


140129_4.jpg 140129_5.jpg
▲整頓された業務用スーパーの店内   ▲銀行もゴタゴタしていない




ドイツの道を歩いていますと、本当に静かだと感じます。どぎつい色に悩まされないですみます。事務所やお店にも余計な物がありません、整理されていてゴタゴタしていないのは、不必要な物を置かないからだとしみじみ感じます。かねがね、物と人の心の空洞との関係を考えています。心の穴を物が埋めているとの結論に達しています。物を手にする事で一時の満足感を味わうのだとしますと、空間を大切にする心は疎かにされます。建物の入口は古いですが、入ってみて何処に行っても整頓された空間があり、暮しも仕事も、その中にあります。



テーマ:暮らし・生活
ジャンル:ライフ

タグ:ドイツ 景観 美しい村 看板

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。