06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

中川誼美

Author:中川誼美
(なかがわ・よしみ)
慶應義塾大学商学部卒業。結婚後間もなく住んだ米国ウッドストックでの生活に影響を受け、家庭にテレビを置かず、有機野菜などを中心としたナチュラルライフスタイルを実践。

家業の繊維会社、夫が経営する印刷会社の経理を担当しながら、「人と自然にやさしい生活の実践」を活かし、55歳のときに京都円山公園内に「京都吉水」を立ち上げる。

その後、内装すべてに自然素材を使用した宿「銀座吉水」を、さらに“ちょっと前の日本の暮らし”が体験できる「あやべ吉水」を開業。「銀座吉水」は、ホテルや旅館など観光施設を対象とした世界的な環境認証制度「グリーンキー」の日本第1号であり、英国テレグラフ社の「日本のホテルランキング」ではマンダリンに次いで2位にランクインし(3位がリッツカールトン)、海外からも高い評価を得ていたが、2011年東日本大震災による福島原発事故の影響を考慮して、「銀座吉水」を閉じた。

東京・築地本願寺、大阪・四天王寺、京都・大谷本廟ほかでオーガニックなものだけを集めた朝市を主宰、「美しい日本を残すために協力し合う会」代表。民俗学者宮本常一の流れを汲んで、故姫田忠義、小泉修吉、伊藤碩男の三氏が設立した一般社団法人民族文化映像研究所理事。2013年には東京に「馬喰町 スペース吉水」をオープンし、映画上映、コンサート、講演会、展覧会、古典芸能、ワークショプなど、様々なアートの発信にも努める。近江八幡や綾部、信州上田などで、町おこしも展開、日本各地を飛び回る。

著書に、『ちょっと前の日本の暮らし』(中公新書ラクレ)、『本当に大切にしたい日本の暮らし(自然と五感をいかす生活のススメ)』(WAVE出版)、『本当に大切にしたい日本のごはん(50度洗いと低温調理のススメ)』(WAVE出版)がある。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GDP (国内総生産)について

2014.01.28 10:18|ドイツ
ランクフルトに着きました。冬ですのに雪もなく、午後の太陽は明るく、気温6度の表示が出ていました。


140128_4_convert_20140128100446.jpg
▲アウトバーン



広い大地の真ん中をアウトバーンはどこまでも続き、国内の各地へ隣国へと延びています。ドイツ国内の道路には料金所がありません。つまりドイツ国内ではどこまで行っても無料であらゆる道路を使う事ができます。例えば、オランダからスイスにアウトバーンを使って走るとしますと、外国の車でさえも無料で通り抜けして行く事ができます。業務用の輸送車にも、家族旅行用の車にも高速料金の負担はかからないのです。



突然ですが、ここで「GDP (国内総生産)」について考えてみます。

1.GDP(国内総生産)の概念
企業などの生産者は労働者や機械を使い、他の企業から原材料、電気・ガス、輸送サービスなどを購入して、財貨やサービスを生産する。この生産された財貨やサービスの額(国民経済計算では産出額という)から、原材料、電気・ガス、輸送サービスなど他の生産者から購入した分(同中間投入額)を差し引いた額が、その生産者の新たに生み出した付加価値であり、その一国の合計額がGDPである。


・・・との概念を見るたびに、高速料金や駐車料金などのサービス料金はこのGDPにどのように計算されているのか疑問になります。ドイツの住宅街には百年以上前に建てられたビルがびっしり道路の両脇に並んでいますが、同時に車の駐車スペースも作られています。


140128_1_convert_20140128095938.jpg
▲住宅街の道路にある駐車スペース



写真のように、それらも無料で住民として当たり前のこととして、車が路上に駐められる仕組みは百年以上前からあるのです。街づくり計画が未来を見据えたものであった事に驚かせられます。東京ですと、車一台の駐車料金が月に五万円などはざらにあります。郊外でも一万円は払わなければなりません。日本中の駐車料金と有料道路料金の合計金額は、ドイツとではどのように比較されるのでしょうか。



ドイツではこの様に、道路を使う事は国民の暮しに必要であるから当然なのだと言われています。疑問なのは、本来地面は誰のものでもなかったものを何時の間にか所有者が出てきたことで、地面の使用料を払わなければならなくなりました。ドイツでは、暮らしの家計費に日本と比べ、含まれないものがたくさんあります。これについては追い追いご報告させていただきます。これらの道路だけに限ってもみても、有料で支払われた企業側の収入金はGDP にどのように含まれ計算されているかを調べてみたいと思っています。



140128_3_convert_20140128100154.jpg
▲アウトバーンには看板がありません




道路に限るなら、道路の脇の両側に看板が無いことです。道路標識以外看板を見ることはほとんどありません。自然の森は壊されて道路は出来ていますが、それ以上に看板で景観を壊す事はありません。これも看板業の売り上げは極端にドイツでは少ないはずです。比べて日本の道路脇の看板の多い事は比較にならない程です。ではこれらの売り上げもどのようにGDP に組み入れられているのでしょうか。



日本の高速道路には、サービスエリアが必ずあります。浜名湖パーキングエリア、海老名サービスエリア、諏訪湖サービスエリア・・・、挙げたらきりがないほどありますが、小さな町ほども店があり、たくさんの人々が何かに支払いをしています。この売り上げもまた莫大なものになります。



140128_5.jpg
▲簡素なドイツのサービスエリア




ドイツでは、ガソリンスタンドと小さいトイレと、数少ない飲み物と食べ物がおいてある店がたまにあるだけです。休憩ベンチも森の中に置いてあります。サービスエリアに落とすお金は、本当に必要な物にだけです。土産品でギラギラしていて、団体バスから人々が一斉にトイレに並んだり、買い物に殺到する光景もありません。となりますと、ここでの売り上げもどのようにGDPに計上されるのでしょうか。



140128_2_convert_20140128100047.jpg
▲ライン川の流れ




またライン川沿いの写真も撮りました。土産屋も看板もありません。自然の景観を邪魔する物が見当たりません。人々はお弁当や飲み物を持参して静かに自然の中で時間を過ごします。砂浜になっていて、川に入り遊べるところにも店はありません。店が出て、食べ物や土産品を売る店が日本ですと、風光明媚な所には必ずあります。風光を邪魔して商売をしています。これらの売り上げもどのように含まれるのでしょうか。


売り上げが発生して、それがGDPの数字を引き上げているとすると、数字だけで国による豊かさを比較する事は意味がないように思います。暮らしの中で遣われる実質的なお金の内容については、滞在中にまだまだしっかりみていきたいと思います。



前回の首相選挙の時に、娘婿やその友人達に、誰が優勢かと質問しましたら、「メルケルさんにせよ、野党党首にせよ、誰がやっても他の国よりずっとましです。なぜならどの政治家達もインテリジェスが高いから、私達はラッキーです」との言葉が返ってきました。国のトップを信頼できることへの誇りは、私は持ち合わせていませんから、このように答えてくれた言葉に心の底から羨ましいと思いました。



ドイツも20年前には、有機野菜をはじめ安全な食材への認識は決して高く無かったようですが、チェルノブイリの放射能汚染の問題が起きてから加速度的に市民の意識が高くなり、需要も供給も増え続けています。現在の状況では、望めば庶民は安全な食材を買い求めることが出来るようになりました。数年前のメルケル首相の新年の挨拶の中で、オーガニック野菜の比率を全体の20パーセントを目標にするといわれましたが、その時の日本での比率は0,2パーセントでしたから、いかに食材への安全意識が高いかわかります。その日からまた数年が過ぎましたから、現在ではさらに比率は上がっていると思えます。



化学調味料や防腐剤について申しますと、いわゆる化学調味料を使うことは少なく、レストランの食事で後味に化学調味料が残ることもはこの国に居てはありません。いろいろ食品の品質については国で定めたものがしっかりしていて、例えばお国柄で、ビールに含まれるものはポップ、麦、酵母 この三品にかぎられていてそれをビールと言う、との決まりは1500年からだそうです。



140128=16s.jpg




街では朝早くからパン屋さんが開いていますから、焼きたてを買うことができます。白く小麦粉を精製したものは手作りパン屋さんには見られず、噛みごたえのある全く甘くないパンは穀物の味に満ちています。防腐剤は勿論入っていませんから、直ぐにカビがはえるので買い溜めは出来ませんが、パン屋さんが昔の日本のお豆腐屋さんのようにどこにでもありますから、日常困ることはありません。伝統的な食生活を守りことを普通のこととして生活できます。ただ、フランクフルトやミュンヘンの様な大都会でも同じようかどうかは滞在中に確かめてまいります。



国の指導者のインテリジェンスが高いということは、まさに「命がよろこぶ暮らし」が可能になります。街並みに看板も旗がひらめくこともなく、派手ではありませんが、落ち着いて市民が暮らせる店の様子は、全体を想像できるように思います。信頼のおける指導者を選ぶことを怠らない市民の質の高さを、いつも羨ましく思わずにはいられません。先ずは第一日目のご報告です。



テーマ:暮らし・生活
ジャンル:ライフ

タグ:ドイツ GDP 国内総生産 アウトバーン フランクフルト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。