03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

中川誼美

Author:中川誼美
(なかがわ・よしみ)
慶應義塾大学商学部卒業。結婚後間もなく住んだ米国ウッドストックでの生活に影響を受け、家庭にテレビを置かず、有機野菜などを中心としたナチュラルライフスタイルを実践。

家業の繊維会社、夫が経営する印刷会社の経理を担当しながら、「人と自然にやさしい生活の実践」を活かし、55歳のときに京都円山公園内に「京都吉水」を立ち上げる。

その後、内装すべてに自然素材を使用した宿「銀座吉水」を、さらに“ちょっと前の日本の暮らし”が体験できる「あやべ吉水」を開業。「銀座吉水」は、ホテルや旅館など観光施設を対象とした世界的な環境認証制度「グリーンキー」の日本第1号であり、英国テレグラフ社の「日本のホテルランキング」ではマンダリンに次いで2位にランクインし(3位がリッツカールトン)、海外からも高い評価を得ていたが、2011年東日本大震災による福島原発事故の影響を考慮して、「銀座吉水」を閉じた。

東京・築地本願寺、大阪・四天王寺、京都・大谷本廟ほかでオーガニックなものだけを集めた朝市を主宰、「美しい日本を残すために協力し合う会」代表。民俗学者宮本常一の流れを汲んで、故姫田忠義、小泉修吉、伊藤碩男の三氏が設立した一般社団法人民族文化映像研究所理事。2013年には東京に「馬喰町 スペース吉水」をオープンし、映画上映、コンサート、講演会、展覧会、古典芸能、ワークショプなど、様々なアートの発信にも努める。近江八幡や綾部、信州上田などで、町おこしも展開、日本各地を飛び回る。

著書に、『ちょっと前の日本の暮らし』(中公新書ラクレ)、『本当に大切にしたい日本の暮らし(自然と五感をいかす生活のススメ)』(WAVE出版)、『本当に大切にしたい日本のごはん(50度洗いと低温調理のススメ)』(WAVE出版)がある。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都吉水で「日本民家再生協会」の会合がありました

2014.01.26 09:04|京都吉水
京市ヶ谷に本部のある日本民家再生協会とは、銀座吉水からのお付き合いがありました。毎年持ち回りの大会に私も参加したり、また綾部吉水にいらしていただいたこともあります。古民家を活用しているという共通のテーマもあり、今回冬の京都にメンバーの方々がお集まりになり、吉水にご宿泊されました。


140126_3.jpeg



私の古民家活用顛末記などを話させていただいた後は、特別にお料理もご用意させていただきました。丹後大宮にあります農業生産法人の谷内ファームから、今日のために食材をお願いしておきました。大根、人参、ブロッコリー、長ネギ、白菜、鹿肉、猪肉、蓬もち 等を、出町柳駅近くにある出町商店街まで運んで来て下さいました。



140126_1.jpeg 140126_2.jpeg




この商店街は今の日本ではかなり珍しく、店がイキイキと盛っていて、庶民の台所にはなくてはならないところです。錦市場のように観光客が京都らしさをもとめて買い物をするのとは違い、暮らしのための商店街で、私が大好きなところです。商店街を守るためにスーパーの進出を拒み、独自に工夫を凝らして維持活性化に成功している商店街です。今日は美山、丹後、鯖江からの出張販売の日でしたので、谷内ファームも出店者として、店を出していました。15年の付き合いですから、有機野菜や私達の注文にいつも応えて下さいます。



宿に戻りましてからは、大忙しで料理開始でした。黒谷にあります無添加豆腐と揚げの湯豆腐鍋、だいこん、白菜をだしにしての煮立たせない鍋料理,鹿肉のソテー、猪肉の牛丼、人参、ブロッコリー、煮大豆、等をお出ししました。



140126_4.jpeg




お集まりの会員の方々は古民家を持って実際活用されている方、建築関係の方など建物に感心のある方ばかりです。、翌日の見学は、東山にあるお寺庭園を歩いて巡る私お勧めのコースです。吉水から知恩院の境内を経て、青蓮院を通り裏道から無隣菴を見学の後、復元された流響院を拝見の後は哲学の道を歩き法然院を訪ね、橋本関雪記念館の中の和食をいただきます。この吉水から銀閣寺道までのコースは、四季を問わず本当に美しい造形の日本の景色が堪能できます。街中は日々壊れていく京都ですが、まだまだたくさん素晴らしい情景が残っています。冬の京都は、とくに静かでいいですね。どうぞお越し下さい。


テーマ:暮らし・生活
ジャンル:ライフ

タグ:京都吉水 古民家 古民家再生協会 出町商店街

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。