06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

中川誼美

Author:中川誼美
(なかがわ・よしみ)
慶應義塾大学商学部卒業。結婚後間もなく住んだ米国ウッドストックでの生活に影響を受け、家庭にテレビを置かず、有機野菜などを中心としたナチュラルライフスタイルを実践。

家業の繊維会社、夫が経営する印刷会社の経理を担当しながら、「人と自然にやさしい生活の実践」を活かし、55歳のときに京都円山公園内に「京都吉水」を立ち上げる。

その後、内装すべてに自然素材を使用した宿「銀座吉水」を、さらに“ちょっと前の日本の暮らし”が体験できる「あやべ吉水」を開業。「銀座吉水」は、ホテルや旅館など観光施設を対象とした世界的な環境認証制度「グリーンキー」の日本第1号であり、英国テレグラフ社の「日本のホテルランキング」ではマンダリンに次いで2位にランクインし(3位がリッツカールトン)、海外からも高い評価を得ていたが、2011年東日本大震災による福島原発事故の影響を考慮して、「銀座吉水」を閉じた。

東京・築地本願寺、大阪・四天王寺、京都・大谷本廟ほかでオーガニックなものだけを集めた朝市を主宰、「美しい日本を残すために協力し合う会」代表。民俗学者宮本常一の流れを汲んで、故姫田忠義、小泉修吉、伊藤碩男の三氏が設立した一般社団法人民族文化映像研究所理事。2013年には東京に「馬喰町 スペース吉水」をオープンし、映画上映、コンサート、講演会、展覧会、古典芸能、ワークショプなど、様々なアートの発信にも努める。近江八幡や綾部、信州上田などで、町おこしも展開、日本各地を飛び回る。

著書に、『ちょっと前の日本の暮らし』(中公新書ラクレ)、『本当に大切にしたい日本の暮らし(自然と五感をいかす生活のススメ)』(WAVE出版)、『本当に大切にしたい日本のごはん(50度洗いと低温調理のススメ)』(WAVE出版)がある。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日は民族文化映像研究所のアチックフォーラム

2014.01.25 11:00|民映研
日25日午後2時から、昨日同様「馬喰町スペース吉水 」にて「アチックフォーラム」としての上映会があります。これは毎月第二・第四土曜日午後2時からはじまります。「アチック」とは屋根裏という意味ですが、民族文化映像研究所が長年続けてきた上映会の名称です。

「奥会津の木地師

奥会津の山の中に木地師さん達が、お椀の木地を作る為に数年を過ごす家を立てることから画面は始まります。お椀の木地にふさわしい木がある場所を見つけると、その近くに10坪ほどの笹葺の作業場兼住まいとなる家を建てます。山の下の村から応援を頼み、家造りがはじまります。屋根、壁は全て笹、つまり笹葺の家になります。そのための笹狩は女性の仕事で、二千束必要だったそうです。生木で家の骨組みをつくり笹で屋根壁を葺き、床をはり、囲炉裏を作り家が出来上がりますと、外にも笹葺のお手洗いも作り上げます。百メーター程離れた川から水路をほり、または谷に木の水路を渡し水桶に豊かな水を引いてきますこうして住まいができますと、作業場で木地の製作がはじまるのです。



140121_2.jpg
▲記録映画「奥会津の木地師」より




この一時間の映像の中には、命をいかすために自然の恵みをいただくあらゆる智恵と技がつまっています。私はこの映像を既に何度も観賞しましたが、観るたびに新たな発見をします。先人の智恵と技に、文明だけに頼らずとも生きていけることを具体的に知る素晴らしいお手本であり、勇気付られます。



この笹葺の家造りは 、縄文時代からあったものといわれています。笹は豊富に日本の各地にあるからだと思います。長野県八ヶ岳の麓に、友人が竪穴式住居をつくることにしたので、まずは笹狩から手伝って欲しいとの連絡を貰いました。それではと、まずこの「奥会津の木地師」の映像を手伝う人達と見ることにしまた。大工の棟梁さんがしきりに感心しながら見た後に、分かり易く解説もしてくださました。



140125_1.jpg 140125_2.jpg
▲八ヶ岳山麓での笹葺き作業




さて私達「おんなし」も参加して山に入り笹狩りに励み、山のように笹を束ねる作業をしました。八ヶ岳周辺の知り合いにボランティアをお願いして集合していただきました。一回目はあいにく雪の翌日で、寒さと重労働に悩まされましたが、仲間と一緒の作業は不思議とはかどりました。


いよいよ茅葺き職人さんに来ていただく日が決まりまた召集がかかり、私の友人達がまた集まって下さいました。茅葺き職人さんは日本には既に数人しかいらっしゃらないので、私達は貴重な経験をさせていただくことになりました。私も綾部に大きな茅葺き屋根の宿を持っていますから、職人さん達の技を身近で見ることができるのは有難いことでした。奥会津の木地師 の映像そのものの手作業をしながら、縄文から続くこれらの智恵と技の継続と維持への思いが膨らみました。


140125_3.jpg 140125_4.jpg
▲八ヶ岳山麓での笹葺き作業




ある物を使って暮しにとりいれ、自然と共存して行く智恵をまず育んでいく必要があります。私達は自然の存在をさらに身近に知ることで豊かな感性が生まれると思っております。是非今日も 民族文化映像研究所の作品にふれていただきたくお願い申し上げます


テーマ:暮らし・生活
ジャンル:ライフ

タグ:民族文化映像研究所 民映研 アチックフォーラム 木地師 茅葺き職人

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。