06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

中川誼美

Author:中川誼美
(なかがわ・よしみ)
慶應義塾大学商学部卒業。結婚後間もなく住んだ米国ウッドストックでの生活に影響を受け、家庭にテレビを置かず、有機野菜などを中心としたナチュラルライフスタイルを実践。

家業の繊維会社、夫が経営する印刷会社の経理を担当しながら、「人と自然にやさしい生活の実践」を活かし、55歳のときに京都円山公園内に「京都吉水」を立ち上げる。

その後、内装すべてに自然素材を使用した宿「銀座吉水」を、さらに“ちょっと前の日本の暮らし”が体験できる「あやべ吉水」を開業。「銀座吉水」は、ホテルや旅館など観光施設を対象とした世界的な環境認証制度「グリーンキー」の日本第1号であり、英国テレグラフ社の「日本のホテルランキング」ではマンダリンに次いで2位にランクインし(3位がリッツカールトン)、海外からも高い評価を得ていたが、2011年東日本大震災による福島原発事故の影響を考慮して、「銀座吉水」を閉じた。

東京・築地本願寺、大阪・四天王寺、京都・大谷本廟ほかでオーガニックなものだけを集めた朝市を主宰、「美しい日本を残すために協力し合う会」代表。民俗学者宮本常一の流れを汲んで、故姫田忠義、小泉修吉、伊藤碩男の三氏が設立した一般社団法人民族文化映像研究所理事。2013年には東京に「馬喰町 スペース吉水」をオープンし、映画上映、コンサート、講演会、展覧会、古典芸能、ワークショプなど、様々なアートの発信にも努める。近江八幡や綾部、信州上田などで、町おこしも展開、日本各地を飛び回る。

著書に、『ちょっと前の日本の暮らし』(中公新書ラクレ)、『本当に大切にしたい日本の暮らし(自然と五感をいかす生活のススメ)』(WAVE出版)、『本当に大切にしたい日本のごはん(50度洗いと低温調理のススメ)』(WAVE出版)がある。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

馬喰町スペース吉水 民族文化映像研究所作品 上映会のお知らせ

2014.01.21 23:00|民映研
族文化映像研究所のドキュメンタリー映画は、16mmフィルムで制作されたもの、ビデオ作品など、合わせますと300本以上にもなります。毎月「馬喰町 スペース吉水」でレイトショーとして、また月2回の「アチックフォーラム」として上映されています。明日からの22、23、24日3日間の上映作品は、数ある作品の中でも特に代表作で貴重な資料といえます。是非お出掛けいただきたいとお願い申し上げます。


民族文化映像研究所 レイトショー

〜2014年 新春特別上映会リクエスト特集〜

1/22(水) 『イヨマンテ -熊おくり』 19:00~20:43(103分)

1/23(木) 『越後奥三面 -山に生かされた日々』19:00~21:25(145分)

1/24(金) 『越後奥三面 -ふるさとは消えたか』19:00~21:44(154分)

■ アチックフォーラム
1/25(土) 14時~
 『奥会津の木地師』ほか
◎1976 年/55 分/自主制作/福島県南会津郡田島町針生

140121_2.jpg
~ ジブリ最新作 『かぐや姫の物語』 にも登場している「木地師」を上映 !!! 見比べると面白い!!


  ※ 1月のアチックフォーラム・・・第二土曜日はお休みです


≪作品紹介≫
■ 『イヨマンテ -熊おくり』
アイヌにとって最大の儀礼であるイヨマンテ。この儀礼にはアイヌの自然観、生命観が凝縮している。日高地方のアイヌによるイヨマンテを、準備から記録した長編。
◎ 1977年/103分/自主制作/北海道沙流郡平取町二風谷

■ 『越後奥三面  -山に生かされた日々』
朝日連峰の懐深くにある奥三面。人々は山の恵みを受けて暮らし続けてきた。その村がダムに沈む。みごとに山の自然に対応した人々の暮らしと、閉村を前にした想いを綴った長編記録。
◎ 1984年/145分/自主制作/新潟県岩船郡朝日村奥三面


140121_1.jpg


■ 『越後奥三面  -ふるさとは消えたか』
朝日連峰の懐深くにあった奥三面の集落がダム建設のために消えた。1984年6月29日にダム補償基準協定書に調印してから1年半後に集団移住するまでの生活と移転地での生活の10年間、また考古発掘から明らかになってきた奥三面が大遺跡地帯であることを記録。奥三面から日本人のふるさとを考える。作品№50『越後奥三面-山に生かされた日々』の姉妹編
◎ 1995年/154分/自主制作/新潟県岩船郡朝日村奥三面

参加費: レイトショー1,500 円
     アチックフォーラム1,000 円
        ※ 上映会の後はスタッフによるトークあり。

場所: 民族文化映像研究所の所在ビル1階
     “馬喰町スペース吉水”
住所: 東京都中央区日本橋馬喰町2-5-12 小沢ビル1F 
     (浅草橋駅西口から徒歩で4分程度です。)

お問合せ: 民映研・中川美帆
TEL 03-6661-7161(10時~18時)※上映中は留守電になります

Link : 民族文化映像研究所


テーマ:暮らし・生活
ジャンル:ライフ

タグ:民族文化映像研究所 民映研 馬喰町スペース吉水 アチックフォーラム アイヌ 奥三面 イヨマンテ 木地師

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。