02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

中川誼美

Author:中川誼美
(なかがわ・よしみ)
慶應義塾大学商学部卒業。結婚後間もなく住んだ米国ウッドストックでの生活に影響を受け、家庭にテレビを置かず、有機野菜などを中心としたナチュラルライフスタイルを実践。

家業の繊維会社、夫が経営する印刷会社の経理を担当しながら、「人と自然にやさしい生活の実践」を活かし、55歳のときに京都円山公園内に「京都吉水」を立ち上げる。

その後、内装すべてに自然素材を使用した宿「銀座吉水」を、さらに“ちょっと前の日本の暮らし”が体験できる「あやべ吉水」を開業。「銀座吉水」は、ホテルや旅館など観光施設を対象とした世界的な環境認証制度「グリーンキー」の日本第1号であり、英国テレグラフ社の「日本のホテルランキング」ではマンダリンに次いで2位にランクインし(3位がリッツカールトン)、海外からも高い評価を得ていたが、2011年東日本大震災による福島原発事故の影響を考慮して、「銀座吉水」を閉じた。

東京・築地本願寺、大阪・四天王寺、京都・大谷本廟ほかでオーガニックなものだけを集めた朝市を主宰、「美しい日本を残すために協力し合う会」代表。民俗学者宮本常一の流れを汲んで、故姫田忠義、小泉修吉、伊藤碩男の三氏が設立した一般社団法人民族文化映像研究所理事。2013年には東京に「馬喰町 スペース吉水」をオープンし、映画上映、コンサート、講演会、展覧会、古典芸能、ワークショプなど、様々なアートの発信にも努める。近江八幡や綾部、信州上田などで、町おこしも展開、日本各地を飛び回る。

著書に、『ちょっと前の日本の暮らし』(中公新書ラクレ)、『本当に大切にしたい日本の暮らし(自然と五感をいかす生活のススメ)』(WAVE出版)、『本当に大切にしたい日本のごはん(50度洗いと低温調理のススメ)』(WAVE出版)がある。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪・枚方市駅前 枚方宿くらわんか五六市

2014.03.15 11:47|地域づくり
いで盛った枚方宿は、東海道五十七次の一つ手前の五十六番目の宿場町として栄えました。枚方駅から大阪への道との道標の先に、程よく狭い道にテントを張った店が賑やかに並んでいます。第二日曜日には、200店舗が次の枚方公園駅まで続きます。宿場街の名残の古い家もところどころにあり、日曜日には閉まっている商店の前や普通の家の庭先に店がでています。駐車場もすっかり車を移動させて空いた広い場所に、お店がたくさんならんでいます。



140315_7.jpg 140315_8.jpg




街ぐるみで五六市の出店者に場所を提供している様子は、小さい商いの復活のようで楽しい買い物時間になりました。クリーニング屋さんの店がこの日はお豆腐屋さんの販売店になり、おからが売り切れていました。旧家の軒下では、吉野葛を釜のお湯で溶いて試食付きでお商売していました。ビルとビルの間の細い路地にも縦に数件お店がでていましたが、かえって狭いのも人だかりがしているようで人寄せになるものだと関心しました。



140315_3.jpg 140315_4.jpg





大阪四天王寺のわつか市に出ているお店がかなりあり、挨拶をしたり、買い物をしたり顔見知りの人たちとも暫し立ち話をしてきました。また綾部からも竹炭のI さんが出店されていて、ここでもびっくりしてご挨拶をしました。



140315_5.jpg 140315_6.jpg




普段は駅前の大型スーパーに吸い込まれて行く町の人達も、このような市に出かけることで、少し前の買い物を思い出していただけると思います。この市も一人の女性が言い出したことで始まったそうです。鯖江の地産地消のセミナーにご参加の方達や五六くらわんか市にお店を出す人達も、気持ちの奥にあるものは同じだと思います。



140315_1.jpg 140315_2.jpg





商店街の活性化も、今や地方の古い商店街の共通の課題となっています。月に一度でもせめて小さい商いで言葉を交わすことができましたら、街の様子はいくらか変わると思います。そして、その街の地産地消の商品がたくさん並べられるようになりましたら、まず第一歩踏み出したことになります。どの街にも小さい規模でも市が立ち、人々が言葉を交わす商いが復活することを望んでおります。
スポンサーサイト

テーマ:暮らし・生活
ジャンル:ライフ

福井県鯖江市 地産地消セミナー

2014.03.14 07:33|地産地消
井県とは食材を通じて長いお付き合いがあり、生産者の方達や友人も多く、京都を除くと最も良く行く所になっています。鯖江市から大野にかけては有機生産者がたくさんいらして、吉水ではお米、大豆、小麦粉、味噌、野菜などを仕入れさせていただき大変お世話になっています。


140314_1.jpg 140314_2.jpg
▲上田さんのサルビア会の加工場とお弁当




そのようなご縁から今回、「さばえ菜花市民ネットワーク」主催の地産地消セミナーの講師として参加してまいりました。私の基調講演は 「本当に大切にしたい日本の暮し」でした。私が楽しみにしていましたのは、パネルディスカッションにパネラーとしていらしてくださいます地元の方達でした。藤田さんは会員を募り、生ごみを有機肥料として畑に使う仕組をつくりました。かなり活発な運動に発展しています。肥料を使って作られた野菜が学校給食につわれるまでにもなりました。上田さんは直売所を作り、地区の人達と野菜の生産と販売をしていますが、最近は加工場もつくりお弁当販売にまでに至っています。セミナーが始まる前に店舗を見学してまいりましたが、駐車場もたっぷりあり、働き安い様子がうかがえました。高島さんも生産者を募り販売して行く仕組を作り、冬の時期を除き活発に活躍しています。



140314_4.jpg 140314_3.jpg
▲パネラーのみなさま




おばさん達はどこの町に行っても、実践を伴い何かしらに力を合わせています。小さな商いだから意味がないというのではなく、元気に毎日を過ごすことも含め地域に小さな貢献をしています。大きな仕組、大きな売り上げと利益を目指すのは大組織にまかせ、私達おばさん達は身の丈にあった商いを地域と共に続けていくことが望ましいと思います。この日の皆さまは、聞きに来て下さった方達を含め、地域にとっては大切な方達ばかりでした。地域の小さな力を集めれば、大きな流れを造る事ができます。諦めずに、暮らしに本当に役立つ活動を続けていきたいと思います。


140314_6_convert_20140314072637.jpg



セミナーの三部は、実際に料理をして食べることでした。今回は食材を全て五十度で洗うことを、まず実践していただきました。野菜は勿論猪肉の洗い方をみていただき実際に五十度を体感して、いちいち温度計がなくても分かっていただけるように、科学の実験をしているような雰囲気でした。


140314_5.jpg




次に鍋を囲み、先程の野菜、お豆腐、猪肉を美味しく食べる温度についても、実際食べることで納得していただきました。90度以上に鍋のお汁の温度を上げないで、ボコボコ煮たたせないように火の調整に気を使うことを守っていただきました。結果は、せわしなく食べるのではないゆったり鍋になりますが、野菜などの素材の味がしっかり残り、またグタグタに柔らかくならないない歯ごたえも味わっていただきました。猪肉は信じられない位に柔らかく臭いがなく、一同驚きながら食べていただきました。是非お試しいただきたいと思います。

テーマ:暮らし・生活
ジャンル:ライフ

東山界隈の花灯路

2014.03.13 18:36|京都吉水
坂神社にも、春催事が増えてきます。桜はまだ寒さの中で蕾を硬くしていますが、暖かくなり始めますと一気に花が開き、何時が満開かを予測するのは毎年難しいです。


140313_1.jpg 140313_2.jpg




八坂神社で子供達の剣舞の奉納があり、舞台で次々子供達が舞を披露していました。お参りの人達も立ち止まり、しばし鑑賞していました。



140313_3.jpg 140313_4.jpg




八坂神社の階段からは、四条通りが西へ伸びて突き当たりは松尾神社になり、嵐山へと続きます。観光客も八坂神社の階段で記念撮影。これから桜の季節になりますと、この四条通りを人の波が円山公園の桜を目指して押し寄せてきます。こののどかな通りが歩けないほどの人にあふれます。初詣、花見、祇園祭と、八坂神社は庶民の集まるところです。この八坂神社から円山公園を抜け、さらに坂を上がった突き当たりに お宿吉水があります。四季折々の変化に富んだ自然は、人ごみの円山公園とは別世界になります。


140313_5.jpg




3月14日から東山界隈は、花灯路のイベントが始まります。高台寺からねねの道を抜け、円山公園に入いる路地、知恩院を通り青蓮院までの道は、全て行灯で飾られます。桜を待つ少し前の東山界隈の夜の散歩を楽しんでいただこうというものです。


テーマ:暮らし・生活
ジャンル:ライフ

私達が住んでいるこの国

2014.03.11 10:06|平出修
月11日の苦しさを忘れてはいけないと思います。さらに12日に起きた大事故はさらに日本中に恐怖をもたらし、なんの解決もないまま現在に至っています。さかのぼること100数年前に起きた足尾銅山鉱毒事件、無実の罪をきせられて多くが犠牲になった大逆事件をはじめ沢山の未解決の問題を抱えたままさらに大きな問題が積み重なり、私達の国は現在に至っています。



私の義祖父平出修は新潟出身の弁護士で、1910年に起きた大逆事件の弁護人となり、法廷で闘った記録をのこしています。文化人でもあった彼は森鴎外、与謝野夫妻、などと交遊を持つ一方では、不条理な社会に立ち向かっていました。没後100年を迎える今年は、新潟、東京などで記念講演会が行われます。



その第一回として、新潟市石山地区公民館で、高田市在住の童話作家杉みき子先生の講演会がありました。平出修が新婚時代を過ごした高田市にある小さい家の保存会の代表を杉先生はお引き受けくださっています。100年の歳月を経て家は傷んでおりましたが、保存会のご協力を得て修復され、様々な研究会や短歌の会などに使われるようになりました。明治が始まり文化人達も様々な手段で国や暮らしを守ってはきましたが、大きな力の下では今だもって無力であるとの思いはぬぐえません。


このような国に暮らしている私達は、一人一人が暮しを守る為に智恵を働かさなければなりません。先人達から受け継いだ暮しの智恵を存分に活かしていくことを、しっかり心にとめていきたいと思います。



140311_1.jpg

▲前列左 上田敏、平出修、前列右与謝野鉄幹 後列左から二人目高村光太郎



140311_2.jpg

▲平出修の友人達
右上から 森鴎外 与謝野鉄幹 与謝野晶子 大田正雄
左上から 相馬御風 石川啄木 平野万里 吉井勇 北原白秋



140311_3.jpg

▲杉みき子先生の講演「 郷土人としての平出修」

テーマ:暮らし・生活
ジャンル:ライフ

京都吉水 梅たより

2014.03.09 08:02|京都吉水
客様もお部屋に入られて静かな夜、ダルマストーブの温もりの中で夏ミカンのマーマレードを作る為に実と皮の下準備をします。細かく皮を切る作業は時間がかかりますが、日頃忙しいスタッフには大変な手間になりますので、夜の内にコツコツ1人で下ごしらえをしておきます。友人宅の庭に実ったものですから、勿論姿もまちまちです。お湯で綺麗に洗い、皮を均等に切ります。アク抜きの為には、五十度洗いをします。以前は一昼夜水に浸しておきましたが、今は切った後五十度で皮も実も洗います。その後、甜菜糖でジャムをつくり、朝の食事にお客様に召し上がっていただきます。ほろ苦さを残したジャムは、パンに良く合います。



140309_1.jpg





朝に薄っすらと雪が庭の木に残っていて、南天の赤い実が色鮮やかに映えていました。笹の葉は、桂の大木の下でまだ雪が融けないで、緑と白のコントラストが綺麗でした。



140309_2.jpg 140309_4.jpg
140309_3.jpg




梅も咲き始め、梅林もそろそろ賑やかになります。円山公園の上のほうですから、毎年少し他より遅くなります。向かいの桜の木も、花の蕾が薄く色づいています。寒い中にも、陽は明るくなっていく毎日です。間もなく高台寺から西蓮院に掛けて、花灯籠も始まります。とうぞ京都吉水にお出掛けください。


テーマ:暮らし・生活
ジャンル:ライフ

少し前の暮らしから 少し先の未来の暮らしへ

2014.03.05 05:47|ホールライフ
し前の暮らしには、身体で覚えたたくさんの智恵が活かされていました。衣食住は、自然との調和を元に丁寧な暮らしがごく普通に営まれていました。その暮らし方から智恵を掘り起し、それを今の暮らしの中に取り入れて実際に身体で実践していくことが大切と考えます。



知識として知っているのではなく、実際に料理をしてみる、糸を紡いでみる、漬物を漬けてみる、身体が喜ぶ動きをしてみる、様々な動きはまたさらに智恵を生み、今の暮らしを充実させることになります。今を大切に暮らすことは先の未来に繋がることで、身体を動かし体験する喜びの中から、さらに技も磨かれていきます。過去に学び、今日に役立て、近い未来に繋いでいくことで、命を大切に育てていきたいと願います。



不幸にして、日本人が起こした三年前の大事故は永久に消えることは無く、どれ程悔んでも足りない状況にあります。自然との調和を大切にしてきた素晴らしい日本の暮らしは、哀しいかな不安なものにと変わってしまいました。



でも、私達は諦める訳にはいきません、かけがえのない一つの命の為に、先人達の智恵がきっと役立つと信じています。そして、勇気を持って今の暮らしを見直して、新しい仕組みを創り出し、安心な未来へと進んでいきましょう。誰かに託すのでは無く、自分で創り出すものです。その為に仲間を募り、それぞれの責任の下に優しい暮らしを当たり前とするような社会を目指していきたいと、熱く思います。


テーマ:暮らし・生活
ジャンル:ライフ

山梨の雪

2014.03.04 08:07|未分類
録的に降った山梨県の雪の現場に行ってきましたが、想像以上に大変な状況でした。私の友人の話をご紹介したいと思います。



140304_1.jpg




午後から降り出した雪の中を国道二十号線に出て走り始めましたが、車はびっしり並び前には中々進みません。二十号線から右折しようにも前がつかえ、三十分かかりやっと曲がりました。次に山あいの家に行く曲がり角がいつもと全く違う景色になり分からなくなりましたが、勘で曲って行きました。もちろん一台しか通れませんところに、除雪車が正面からやってきました。先導する車に「傍に退け」と言われ、「出来ない」と言う言葉に耳をかさずに命令され、避けざるをえませんでした。



そのあとを除雪車が通りすぎていきましたが、彼女の車は雪にはまって動きません、急いで除雪車と先導車に助けを求めましたが、無視して行ってしまいました。困って110番しましたが、返事は「行けません」「何時になるか分かりません」でした。雪の中で途方にくれておりましたら、一軒の家の前におじさんが出て来て雪かきを始めたそうです。急いで助けを求めましたところ一度だけ会ったことのある人で覚えていて、家族皆を呼んで車を引き出してくれました。




早く行きなさいと励まされ、また真っ白な道を上りましたが、ただ勘だけで走る怖さもありましたが、夢中で「頑張れ、頑張れ」と自分を励まして急な坂を上りきった時は、あー助かったと思ったそうです。家の前も雪で埋まり、雪を掻き分けて戸を開けて入った時は、ガタガタと震えていたそうです。幸い停電していなかったのですぐに温まる事ができましたが、翌朝200メーター程しか離れていない路上で男性が亡くなっていました。彼女は、命ある有難さと昨夜の怖さにまた震えたと話していました。


非常事態とはいえ、除雪車も警察も安全を無視した態度に改めて怒りを感じました。農作物の被害は計りしれない物がありますが、過疎の彼女の地域は翌朝、農機具などを持ち出し皆で助け合って一人暮らしの家の除雪をしたとのことでした。若い人の少ない地域ですが日頃から声を掛け合い助け合っていたからこそ、この危機を越えられたと話して下さいました。



140304_2.jpg




彼女のところからさらに十五分程で1300メーター地点になりますと、雪は更に深まりました。ここでもメインの道路は除雪しますが、そこからの枝の道は150センチの雪が深々と積もっていました。間もなく赤ちゃんが産まれる家も雪に埋れていましたが、近所といっても歩いて十分はかかる家族が、知り合いを伴い雪かきに来てくれました。また近くの宿泊所の人達も妊婦さんを助けに来てくれました。仕事から帰れなくなった夫も3日振りに戻り、翌日病院に向かう事ができ、無事赤ちゃんが誕生しました。自然の力には逆らうことは出来ませんが、この度の山梨の雪は人々が経験した事がないほどのものでした。更に長野県諏訪地方の山手に住む友人も訪ねましたが、雪に家は埋まっていました。近所の人達に助けられ車を出す事ができましたが、やはり数日家に閉じ込められていたそうです。



140304_3.jpg




この状況とは反対にいつも雪深い福井では、雪のない冬だそうです。訪ねて来てくれた友人は、原発が止まり海が暖められていないので、水蒸気が上がらず、雪が少ないのかもしれないと話していました。異常気象の原因を知る事はできるのでしょうか。不安はつきません。車には寝袋を積む事、食糧や水も持参すること、ガソリンはいつも足りるようにしておくなど、考えさせらることがたくさんありました。


テーマ:暮らし・生活
ジャンル:ライフ

親戚に四つの命が加わりました

2014.03.03 07:45|こども
12月24日に日本・東京
1月15日にドイツ・カールスルーエ
2月21日に日本・山梨
2月22日にアメリカ・ジョージア




140303_01_convert_20140303073553.jpg
140303_02.jpg 140303_03.jpg 140303_04.jpg




私の親族に二ヶ月間に、三人の男の子と一人の女の子が産まれました。国も親も環境も違いますが、同じ時期にこのように生を受けた彼等のこれから育つ様子を、楽しみに見守っていきたいと思います。小さな命はけなげにお乳をさがし、力をこめて生きていこうとしています。でもこの赤ちゃん達は水も電気も欲しい時には手に入る国に産まれて、そうでない国の状況などは想像も出来ない環境で育っていきます。大人達が造った国でそれぞれの人生が始まりました。

テーマ:暮らし・生活
ジャンル:ライフ

水源の里(続き)

2014.03.02 23:00|綾部吉水
部上林川沿いの集落睦寄地区には、五十年前には三百人の小学生がいました。今はたったの十五人です。小学校と中学校が統合され、小中一貫校が来年度から始まり、そのための新校舎建設工事がされています。三百人の子供達は、大方都市に出てしまった事になります。ここに子供のいる家庭や、若い人達が移り住んでくれることは、地域の強い願いです。



140303_1.jpg




京都や大阪から車で2時間とかからないのですが、まるで別世界です。資源は豊富で、綺麗な水を中心に美味しいお米も穫れます。仕事がないという理由で、人々は出て行ってしまった訳です。ある方はここの景色を見ながら、千年以上変わっていないといわれました。確かに家の数も増えていませんし、集落の人口は減るばかりです。農地を耕す人がいなくなると、農作物は都会にはいかなくなります。真剣にこの問題を解決しなければなりません。



京都府丹後地方でも同じ事で、機織りで栄えていた地域はすっかり寂れてしまいました。先日もそこの工場から西陣織りの帯を展示会に十七万円の値を付けて出しましたところ売れませんでした。仲買が銀座のMデパートで八十万円の値段を付けたところ直ぐに売れてしまったそうです。物の価値をお金で判断する力しかない都会の人達を利用しているのは、やはり都会の商人達です。琉球かすり、黄八丈なども機織り手から出荷される値段の安さに驚いた事がありますが、物を作る人達と都会で売る人達との間のお金の流れに、日本独特の仕組みが存在していてどうすることもできません。美味しいお水も買っている人達は、暮らしの中に命を育む物は自然からは得られずお金を出さなければなりません。



都会の暮らしは本当に人々を幸せにするのでしょうか。綺麗な水も空も空気も自然豊かな背景を持つ暮らしを望まない人はいないとおもいますが、水源の里の学校に、再び子供達が大勢通う日は戻ってくるのでしょうか。私や仲間達はその事を真剣に考え、どうしたら人々が都会から移り住むようになるかと様々な案を練っています。



140303_2.jpg




水源の里から戻り久々に朝の満員電車に乗りましたら、人が多く息苦しいのは当然でしたが、電車のすぐ脇に家が建ち並び、電車の窓と家の壁の距離の狭さに改めて驚きました。危険と背中合わせとはこの事です。慣れてしまっていて、それさえも不思議に思わない都会暮らしにも、疑問は深まる一方でした。大都会集中型の都市計画の歪みの中で、多くの人はこれではないと思いながらも、生活のために経済優先型の暮らしを選んでいます。経済の規模を大きくするのではなく、支出の規模を小さくしながら、自然の恵みを加えることで本当の豊かな暮らしを考えていかなければならないと痛感しています。


テーマ:暮らし・生活
ジャンル:ライフ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。