09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

中川誼美

Author:中川誼美
(なかがわ・よしみ)
慶應義塾大学商学部卒業。結婚後間もなく住んだ米国ウッドストックでの生活に影響を受け、家庭にテレビを置かず、有機野菜などを中心としたナチュラルライフスタイルを実践。

家業の繊維会社、夫が経営する印刷会社の経理を担当しながら、「人と自然にやさしい生活の実践」を活かし、55歳のときに京都円山公園内に「京都吉水」を立ち上げる。

その後、内装すべてに自然素材を使用した宿「銀座吉水」を、さらに“ちょっと前の日本の暮らし”が体験できる「あやべ吉水」を開業。「銀座吉水」は、ホテルや旅館など観光施設を対象とした世界的な環境認証制度「グリーンキー」の日本第1号であり、英国テレグラフ社の「日本のホテルランキング」ではマンダリンに次いで2位にランクインし(3位がリッツカールトン)、海外からも高い評価を得ていたが、2011年東日本大震災による福島原発事故の影響を考慮して、「銀座吉水」を閉じた。

東京・築地本願寺、大阪・四天王寺、京都・大谷本廟ほかでオーガニックなものだけを集めた朝市を主宰、「美しい日本を残すために協力し合う会」代表。民俗学者宮本常一の流れを汲んで、故姫田忠義、小泉修吉、伊藤碩男の三氏が設立した一般社団法人民族文化映像研究所理事。2013年には東京に「馬喰町 スペース吉水」をオープンし、映画上映、コンサート、講演会、展覧会、古典芸能、ワークショプなど、様々なアートの発信にも努める。近江八幡や綾部、信州上田などで、町おこしも展開、日本各地を飛び回る。

著書に、『ちょっと前の日本の暮らし』(中公新書ラクレ)、『本当に大切にしたい日本の暮らし(自然と五感をいかす生活のススメ)』(WAVE出版)、『本当に大切にしたい日本のごはん(50度洗いと低温調理のススメ)』(WAVE出版)がある。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイオリンとピアノの語り

2014.05.25 23:46|馬喰町スペース吉水
〜お知らせ〜

とき: 6月13日(金) 19:00 開演
6月15日(日) 15:00 開演

ところ: 中央区日本橋馬喰町2-5-12
馬喰町スペース吉水 1F
JR浅草橋駅 JR馬喰町駅 徒歩3分
地下鉄浅草橋駅 徒歩5分

チケット: 3000円 (軽食付)

演奏
中川詩英 (バイオリン)
金子真帆 (ピアノ)
2人はドイツ在住です。12年前から定期的に演奏を重ねてまいりました。
今回は日本での初めての
ジョイントコンサートです。

演奏
ソロの曲と、二重奏ソナタの曲を
バロックからビアソラまで演奏します

お問い合わせ FAX:03−5640−5619 中川誼美

中川詩英 (バイオリン)
イメージ 3


金子真帆 (ピアノ)
イメージ 4


続きを読む >>

スポンサーサイト

暮らしの中の文化の時間

2014.01.15 23:14|馬喰町スペース吉水
は京都と京都府綾部に宿屋を運営しておりますが、その他に東京日本橋馬喰町のビルの一階に「馬喰町スペース吉水」をつくりました。ホールライフには「文化」の時間が必ず必要だと思っておりますので、銀座にお宿吉水をつくりましたときも、地下に小さなホールをつくりました。二つの宿でも様々な催し物をしてもおります。


私達の周囲には、素晴らしい才能を持った方がたくさんいらっしゃいます。またすぐれた技術や智恵にあふれた方も、数えきれないほどいらっしゃいます。世に出ない芸術作品もたくさんあります。テレビなどのマスコミに扱われない所に、本物が存在しているのかとも思える程です。宿という特殊な場所には、その様な方達や作品が集り、私は本物に出会える機会に恵まれ、これこそ宿屋冥利に尽きるということなのでしょうか。その様な様々な出会いを少しでもご紹介する事ができたら嬉しいとのことから、スペースをつくりました。



放射能が降った日に銀座を閉めると決め閉館してから、また日本橋馬喰町に銀座とほぼ同じ広さのの小さなスペースが出来上がりました。銀座から小型グランドピアノ「ベーゼンドルファー」も運んできました。銀座では、クラシックコンサート、一人芝居、朗読劇、落語、新内、和楽器演奏、謡、鼓、映画 などなど、様々に身体で感じる時間をたくさんつくってきました。その思いをまた続けたいと思い、スペースを夏前からつくり始めました。



施工をした方達は、平田オリザさんの舞台美術家集団「青年団」のお弟子さん達でした。全てをお任せしてデザインから使い勝手まで、若い方達のアイディアの詰まった場所ができました。ボランティア参加で珪藻土の壁塗りも、床張りも造りあげるまでにも様々な工夫がされていました。映画上映が出来るようにスクリーンも自動で上げ下げができるようにもなりました。まず第一に、民族文化映像研究所(民映研)の作品の上映会がありました。



140115_1s.jpg 140115_2s.jpg





その後、宇梶静江さんのアイヌの叙事詩を古布絵で表現した作品展も開催しました。



140115_4s.jpg 140115_3s.jpg





さらに講演会、チェロ演奏開催など、様々な企画をとりあげて参りました。そして毎回必ず、六階のサロンで食事を召し上がっていただいています。




140115_5s.jpg





「文化」と「食事」の、このセットが肝心です。何故なら、よい音楽や意味深い講演の後に、コンビニオのニギリや居酒屋で夕飯では、意味がないことになります。たとえご飯と野菜の盛り合わせだけでも、命が喜ぶ食物として身体にも送りこんで欲しいと思います。音楽を聴く細胞も、食べる事でつくられていきます。全てが繋がってできているのが人の身体ですから、ホールライフの図はどこの部分も疎かにしてはいけないということを示しています。どうぞ「文化」の時間も大切にして下さい。



テーマ:暮らし・生活
ジャンル:ライフ

タグ:馬喰町スペース吉水 文化 ホール ホールライフ 食事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。