09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

中川誼美

Author:中川誼美
(なかがわ・よしみ)
慶應義塾大学商学部卒業。結婚後間もなく住んだ米国ウッドストックでの生活に影響を受け、家庭にテレビを置かず、有機野菜などを中心としたナチュラルライフスタイルを実践。

家業の繊維会社、夫が経営する印刷会社の経理を担当しながら、「人と自然にやさしい生活の実践」を活かし、55歳のときに京都円山公園内に「京都吉水」を立ち上げる。

その後、内装すべてに自然素材を使用した宿「銀座吉水」を、さらに“ちょっと前の日本の暮らし”が体験できる「あやべ吉水」を開業。「銀座吉水」は、ホテルや旅館など観光施設を対象とした世界的な環境認証制度「グリーンキー」の日本第1号であり、英国テレグラフ社の「日本のホテルランキング」ではマンダリンに次いで2位にランクインし(3位がリッツカールトン)、海外からも高い評価を得ていたが、2011年東日本大震災による福島原発事故の影響を考慮して、「銀座吉水」を閉じた。

東京・築地本願寺、大阪・四天王寺、京都・大谷本廟ほかでオーガニックなものだけを集めた朝市を主宰、「美しい日本を残すために協力し合う会」代表。民俗学者宮本常一の流れを汲んで、故姫田忠義、小泉修吉、伊藤碩男の三氏が設立した一般社団法人民族文化映像研究所理事。2013年には東京に「馬喰町 スペース吉水」をオープンし、映画上映、コンサート、講演会、展覧会、古典芸能、ワークショプなど、様々なアートの発信にも努める。近江八幡や綾部、信州上田などで、町おこしも展開、日本各地を飛び回る。

著書に、『ちょっと前の日本の暮らし』(中公新書ラクレ)、『本当に大切にしたい日本の暮らし(自然と五感をいかす生活のススメ)』(WAVE出版)、『本当に大切にしたい日本のごはん(50度洗いと低温調理のススメ)』(WAVE出版)がある。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すももの生産農家を訪ねました

2014.01.20 23:00|農業
士山が綺麗に見える一日でした。


140120_5_convert_20140120222541.jpg



今日はすもも生産農家さんをお訪ねしました。築百年以上経つ大きなお宅には、金魚や鯉の池もあり、広い農園にはすももの木が伸びやかに青空を仰いていました。


140120_3_convert_20140120221709.jpg 140120_4_convert_20140120222311.jpg



優れた剪定の技術のたまもので、一本の木に千個もの実がなるそうです。冬場の剪定から始まり、袋掛けなど全て手作業で収穫までの工程があります。数万個のすももを出荷する時も、ご夫婦は必ず自分達の手で丁寧に箱詰めされるそうです。


大きなお宅は天井が高く冬の寒さは格別だそうです。今日のように風が無い日は家の中より外の方が暖かく、皆で外の陽だまりで白菜の漬物やオデンをいただきました。農家の仕事は毎日きりが無いほどありますが、ご夫婦の身体の動きの軽やかな事には驚きました。



140120_1_convert_20140120220349.jpg IMG_2637_convert_20140121003207.jpg




さらにはご趣味は瓢箪作りとお聞きして、またまた好奇心がふくらみました。大小様々な大きさから様々な形など、一つ一つが大変個性的で、全てそれらを育て、中から種を出し、軽やかな瓢箪にするには、やはり時間がかかります。中身を腐らせ種を出す時は、臭く大変な事になるそうです。また小さい瓢箪をたくさん育てて小学校の生徒全員に配るのを楽しみにしているそうです。



140120_2_convert_20140120215946.jpg




私は兼ねてから瓢箪を水筒代わりに持ちたいと思っていましたから、やっとそれを分かっている方に出会えて、本当に嬉しかったです。昔は瓢箪に水やお酒を入れて腰にぶら下げていましたので、またそのような自然の水筒を皆が持ち歩くようになることも夢ではなくなりました。ペットボトルの質にも問題がありますが、殆ど認識されていません。先人達の智恵を復活させる楽しみができました。


スポンサーサイト

テーマ:暮らし・生活
ジャンル:ライフ

タグ:すもも 生産農家 瓢箪

裏庭に畑を作りました

2014.01.09 22:00|農業
が家の裏庭をやっと畑にすることができました。と申しても自分で耕したのではなく、友人の農業のベテランにお手伝いいただきました。




140109_01s.jpg




我が家は小さい山の麓にあるために、裏庭に夜な夜なイノシシが出ては土の中のミミズを食べに来ていました。まるで機械で掘ったように大きな穴があちこちに出来て、無気味な光景でした。ところがミントの植えてあるところだけは近寄らなかったようで、ミントだけが豊かに残っておりました。そんな裏庭を何とかしなければと長年悩んでおりましたところ、友人が耕運機を持って来て、あっと言う間に畑のように土をならしてくれました。




140109_02s.jpg





草ぼうぼうだったところがきれいな畑になり、それだけで大満足してしまいました。スギナやドクダミがよく育つ土には石灰だけ蒔けばよいとのご指導に、早速貝殻を細かくした石灰を買ってきました。




140109_03s.jpg





あとは軽いクワも必要でした。放っておかれた土ですから肥料はいらないそうですので、酸性土壌用の石灰だけを土に混ぜることにしました。なんでも体験しないとわかりませんので、夏の収穫を楽しみに農業のコツを様々教えていただきながら、「食」を大切する暮らしを提案してまいります。


テーマ:暮らし・生活
ジャンル:ライフ

タグ:農業 イノシシ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。