09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

中川誼美

Author:中川誼美
(なかがわ・よしみ)
慶應義塾大学商学部卒業。結婚後間もなく住んだ米国ウッドストックでの生活に影響を受け、家庭にテレビを置かず、有機野菜などを中心としたナチュラルライフスタイルを実践。

家業の繊維会社、夫が経営する印刷会社の経理を担当しながら、「人と自然にやさしい生活の実践」を活かし、55歳のときに京都円山公園内に「京都吉水」を立ち上げる。

その後、内装すべてに自然素材を使用した宿「銀座吉水」を、さらに“ちょっと前の日本の暮らし”が体験できる「あやべ吉水」を開業。「銀座吉水」は、ホテルや旅館など観光施設を対象とした世界的な環境認証制度「グリーンキー」の日本第1号であり、英国テレグラフ社の「日本のホテルランキング」ではマンダリンに次いで2位にランクインし(3位がリッツカールトン)、海外からも高い評価を得ていたが、2011年東日本大震災による福島原発事故の影響を考慮して、「銀座吉水」を閉じた。

東京・築地本願寺、大阪・四天王寺、京都・大谷本廟ほかでオーガニックなものだけを集めた朝市を主宰、「美しい日本を残すために協力し合う会」代表。民俗学者宮本常一の流れを汲んで、故姫田忠義、小泉修吉、伊藤碩男の三氏が設立した一般社団法人民族文化映像研究所理事。2013年には東京に「馬喰町 スペース吉水」をオープンし、映画上映、コンサート、講演会、展覧会、古典芸能、ワークショプなど、様々なアートの発信にも努める。近江八幡や綾部、信州上田などで、町おこしも展開、日本各地を飛び回る。

著書に、『ちょっと前の日本の暮らし』(中公新書ラクレ)、『本当に大切にしたい日本の暮らし(自然と五感をいかす生活のススメ)』(WAVE出版)、『本当に大切にしたい日本のごはん(50度洗いと低温調理のススメ)』(WAVE出版)がある。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少し前の暮らしから 少し先の未来の暮らしへ

2014.03.05 05:47|ホールライフ
し前の暮らしには、身体で覚えたたくさんの智恵が活かされていました。衣食住は、自然との調和を元に丁寧な暮らしがごく普通に営まれていました。その暮らし方から智恵を掘り起し、それを今の暮らしの中に取り入れて実際に身体で実践していくことが大切と考えます。



知識として知っているのではなく、実際に料理をしてみる、糸を紡いでみる、漬物を漬けてみる、身体が喜ぶ動きをしてみる、様々な動きはまたさらに智恵を生み、今の暮らしを充実させることになります。今を大切に暮らすことは先の未来に繋がることで、身体を動かし体験する喜びの中から、さらに技も磨かれていきます。過去に学び、今日に役立て、近い未来に繋いでいくことで、命を大切に育てていきたいと願います。



不幸にして、日本人が起こした三年前の大事故は永久に消えることは無く、どれ程悔んでも足りない状況にあります。自然との調和を大切にしてきた素晴らしい日本の暮らしは、哀しいかな不安なものにと変わってしまいました。



でも、私達は諦める訳にはいきません、かけがえのない一つの命の為に、先人達の智恵がきっと役立つと信じています。そして、勇気を持って今の暮らしを見直して、新しい仕組みを創り出し、安心な未来へと進んでいきましょう。誰かに託すのでは無く、自分で創り出すものです。その為に仲間を募り、それぞれの責任の下に優しい暮らしを当たり前とするような社会を目指していきたいと、熱く思います。


スポンサーサイト

テーマ:暮らし・生活
ジャンル:ライフ

ホールライフ=命が喜ぶくらしのすべて

2014.01.14 23:00|ホールライフ
の中の「文化」の部分は、私達の暮らしの中でかなり疎かにされているように思います。


Whole Life基本理念図_ver5



正月には、炬燵に入りミカンを食べながら、家族そろってカルタ、双六など楽しみました。お座敷での百人一首も真剣勝負でした。外での羽根つきの声や、凧揚げも子供の声に溢れていました。これがちょっと前の日本のお正月でした。



我が家にはテレビがありませんでしたから、子供達とのお正月の遊びは、私の時とはそれ程変わっていませんでした。長老のおじさんに百人一首の上の句を読んでいただき、子供達がカルタをはさんで両方向かい合って並び、上の句をききながら、下の句のカルタをとります。大変白熱して、自分の得意のカルタを向い方に取られた時の嘆き声に、大笑いをしたものでした。



そしていつの頃からか皆でテレビに釘付けになり、さらにはテレビゲームに夢中になり、特別お正月らしさもなくなりました。これを「文化」と言うのかと、いつも疑問です。テレビで観る美術鑑賞、お芝居の放映、映画、ドラマ、これ等もたくさんの人達の手と身体とたくさんの費用がひとつとなって出来上がったものですから、その時代の「文化」だとは言えるのかもしれません。でもその為に、身の廻りで伝えられた、家族が大切にしていた小さな文化は、いつの間にか疎かにされてしまいました。



以前アメリカの経済学者が京都吉水に泊まられたとき、庭に腰掛けながら、「ヨシミ、今あなたが総理大臣になったら、まず第一に何をしますか?」との突然の質問に、考えたこともありませんでしたが、そのとき思わず言いましたのは 、「テレビ局を廃止する」でした。



その日から十数年経ち、今ではインターネットが世界中を駆け巡り、テレビどころではなくなってしまいました。きっと新しい文化論が必要になるのでしょうが、私はあえて、ちょと前の日本の暮らしの中の「文化」に目を向け、日々の暮らしに取り入れていきたいと思います。そういいながら、私もとうとうブログを元旦から始めてしまいました。



ちなみに我が家のテレビなしの暮らしは、幸いにも次の世代にも受け継がれ、孫達もその中で育っています。




テーマ:暮らし・生活
ジャンル:ライフ

タグ:文化 正月 テレビ インターネット

命がよろこぶ暮らしのすべて

2014.01.11 22:00|ホールライフ
達は毎日の積み重ねで日々が作り上げられていますが、そのことが案外疎かにされています。学校の宿題を後回しにして遊ぶこと似ているかもしれません。今日からちゃんと暮そうと決めていても、明日からにしようなどと宿題と同じように先延ばしはできますが、結局は自分に戻ってきて、誰にも代わってもらうことはできずに慌てることになります。



Whole Life基本理念図_ver5



」つまり英語の「Life」 の意味のように、「暮らし、生涯、生きる、元気」などを総合して「」というのだとの感覚を身につけることが、まず大切ではないでしょうか。かけがえのないたった一度の人生は、自分のものだからどのように暮らして生きようが勝手でしょう!と言えるのかどうか考えてみました。



自然界の一員である以上、これを壊すことは許されません。自然環境と無縁に暮らすこともできませんから、自然の中での自分の在り方は見えてくるはずです。これまでその事が大切だとは分かっていても、便利でありたいために人々はずいぶんと自然を壊してきてしまいました。例えば空気を汚し環境を悪くすることは、身体へも影響を与え、心とのバランスさえも崩してしまいます。



を大切に暮らすことがとても難しく手間のかかるものだとの感覚が、何時の間にか定着してしまったように思えます。当たり前の事が当たり前でなくなるような社会の仕組みを元に戻す為には、人生の先輩達はその軌道修正の為に智恵を発揮しなければなりません。この意味においても、私達シルバー世代は反省を込めて日々の暮らしを見直し、先代からの智恵と技を思い起こして、次世代に自然に寄り添った暮らし方を伝えていかなければならないと思います。



テーマ:暮らし・生活
ジャンル:ライフ

タグ: 暮らし ホールライフ Life

命がよろこぶ暮らしのすべて

2014.01.08 20:51|ホールライフ
婚して間もなく、米国ニューヨーク州ウッドストックで、一年数ヶ月を暮らしました。ヒッピー発祥の地であり、ロックコンサートで有名な小さな町でしたが、ベトナム戦争に反対する人達の中から、自然との調和ある暮らしを見直すことが、ヒッピーライフとなって表現され始めた頃でした。



「ホールライフ / Whole life」の感覚は、マンハッタンやウオール街で育てて行くことには無理がありますが、森と水の豊かなウッドストックでは、自然の中で身体と心をバランスよく暮らしていくことは難しくはないと、可愛い教会を中心にアーティスト達も集まり、「自然・身体・心・文化」が調和した暮らしが生まれていったのだと思いました。



ウッドストックで暮らした経験は、その後私の暮らしのスタイルとなり、すでにある物を大切にして活用していくことを基本にした、いわゆる「身の丈に合った暮らし」が無理なく続けられてきました。その暮らしの理念を図にしてみようと、「Life 」の意味を確かめました。


何故なら「ホールライフ / Whole life 」は、日本語では一言ではいえませんでしたし、また日本語の「命」や「暮らし」などの言葉を、英語では何と言うのかと調べてみる必要がありました。「命、一生、生涯、暮らし、生き方、生活、寿命、人命、元気、活気、生きがい、動物植物の命」などと、「Life 」の持つ意味の深さに驚きました。



Whole Life基本理念図_ver5




このことから、「Life」 と表現する時にはこれら全ての意味が含まれているのですから、日本語のように「命」と「暮らし」を別々に表現する場合とでは、感覚の違いがあるのではないかと思いました。このことから日本語では、「命」を全体として考えられないのではないかとも考えます。「命 / Life 」を芯に据えて、「自然・身体・文化・心 」全てを、一つに考えていきたいと思います


テーマ:暮らし・生活
ジャンル:ライフ

タグ:中川誼美 ホールライフ 暮らし ウッドストック Life

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。