07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

中川誼美

Author:中川誼美
(なかがわ・よしみ)
慶應義塾大学商学部卒業。結婚後間もなく住んだ米国ウッドストックでの生活に影響を受け、家庭にテレビを置かず、有機野菜などを中心としたナチュラルライフスタイルを実践。

家業の繊維会社、夫が経営する印刷会社の経理を担当しながら、「人と自然にやさしい生活の実践」を活かし、55歳のときに京都円山公園内に「京都吉水」を立ち上げる。

その後、内装すべてに自然素材を使用した宿「銀座吉水」を、さらに“ちょっと前の日本の暮らし”が体験できる「あやべ吉水」を開業。「銀座吉水」は、ホテルや旅館など観光施設を対象とした世界的な環境認証制度「グリーンキー」の日本第1号であり、英国テレグラフ社の「日本のホテルランキング」ではマンダリンに次いで2位にランクインし(3位がリッツカールトン)、海外からも高い評価を得ていたが、2011年東日本大震災による福島原発事故の影響を考慮して、「銀座吉水」を閉じた。

東京・築地本願寺、大阪・四天王寺、京都・大谷本廟ほかでオーガニックなものだけを集めた朝市を主宰、「美しい日本を残すために協力し合う会」代表。民俗学者宮本常一の流れを汲んで、故姫田忠義、小泉修吉、伊藤碩男の三氏が設立した一般社団法人民族文化映像研究所理事。2013年には東京に「馬喰町 スペース吉水」をオープンし、映画上映、コンサート、講演会、展覧会、古典芸能、ワークショプなど、様々なアートの発信にも努める。近江八幡や綾部、信州上田などで、町おこしも展開、日本各地を飛び回る。

著書に、『ちょっと前の日本の暮らし』(中公新書ラクレ)、『本当に大切にしたい日本の暮らし(自然と五感をいかす生活のススメ)』(WAVE出版)、『本当に大切にしたい日本のごはん(50度洗いと低温調理のススメ)』(WAVE出版)がある。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福井県鯖江市 地産地消セミナー

2014.03.14 07:33|地産地消
井県とは食材を通じて長いお付き合いがあり、生産者の方達や友人も多く、京都を除くと最も良く行く所になっています。鯖江市から大野にかけては有機生産者がたくさんいらして、吉水ではお米、大豆、小麦粉、味噌、野菜などを仕入れさせていただき大変お世話になっています。


140314_1.jpg 140314_2.jpg
▲上田さんのサルビア会の加工場とお弁当




そのようなご縁から今回、「さばえ菜花市民ネットワーク」主催の地産地消セミナーの講師として参加してまいりました。私の基調講演は 「本当に大切にしたい日本の暮し」でした。私が楽しみにしていましたのは、パネルディスカッションにパネラーとしていらしてくださいます地元の方達でした。藤田さんは会員を募り、生ごみを有機肥料として畑に使う仕組をつくりました。かなり活発な運動に発展しています。肥料を使って作られた野菜が学校給食につわれるまでにもなりました。上田さんは直売所を作り、地区の人達と野菜の生産と販売をしていますが、最近は加工場もつくりお弁当販売にまでに至っています。セミナーが始まる前に店舗を見学してまいりましたが、駐車場もたっぷりあり、働き安い様子がうかがえました。高島さんも生産者を募り販売して行く仕組を作り、冬の時期を除き活発に活躍しています。



140314_4.jpg 140314_3.jpg
▲パネラーのみなさま




おばさん達はどこの町に行っても、実践を伴い何かしらに力を合わせています。小さな商いだから意味がないというのではなく、元気に毎日を過ごすことも含め地域に小さな貢献をしています。大きな仕組、大きな売り上げと利益を目指すのは大組織にまかせ、私達おばさん達は身の丈にあった商いを地域と共に続けていくことが望ましいと思います。この日の皆さまは、聞きに来て下さった方達を含め、地域にとっては大切な方達ばかりでした。地域の小さな力を集めれば、大きな流れを造る事ができます。諦めずに、暮らしに本当に役立つ活動を続けていきたいと思います。


140314_6_convert_20140314072637.jpg



セミナーの三部は、実際に料理をして食べることでした。今回は食材を全て五十度で洗うことを、まず実践していただきました。野菜は勿論猪肉の洗い方をみていただき実際に五十度を体感して、いちいち温度計がなくても分かっていただけるように、科学の実験をしているような雰囲気でした。


140314_5.jpg




次に鍋を囲み、先程の野菜、お豆腐、猪肉を美味しく食べる温度についても、実際食べることで納得していただきました。90度以上に鍋のお汁の温度を上げないで、ボコボコ煮たたせないように火の調整に気を使うことを守っていただきました。結果は、せわしなく食べるのではないゆったり鍋になりますが、野菜などの素材の味がしっかり残り、またグタグタに柔らかくならないない歯ごたえも味わっていただきました。猪肉は信じられない位に柔らかく臭いがなく、一同驚きながら食べていただきました。是非お試しいただきたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ:暮らし・生活
ジャンル:ライフ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。