01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

中川誼美

Author:中川誼美
(なかがわ・よしみ)
慶應義塾大学商学部卒業。結婚後間もなく住んだ米国ウッドストックでの生活に影響を受け、家庭にテレビを置かず、有機野菜などを中心としたナチュラルライフスタイルを実践。

家業の繊維会社、夫が経営する印刷会社の経理を担当しながら、「人と自然にやさしい生活の実践」を活かし、55歳のときに京都円山公園内に「京都吉水」を立ち上げる。

その後、内装すべてに自然素材を使用した宿「銀座吉水」を、さらに“ちょっと前の日本の暮らし”が体験できる「あやべ吉水」を開業。「銀座吉水」は、ホテルや旅館など観光施設を対象とした世界的な環境認証制度「グリーンキー」の日本第1号であり、英国テレグラフ社の「日本のホテルランキング」ではマンダリンに次いで2位にランクインし(3位がリッツカールトン)、海外からも高い評価を得ていたが、2011年東日本大震災による福島原発事故の影響を考慮して、「銀座吉水」を閉じた。

東京・築地本願寺、大阪・四天王寺、京都・大谷本廟ほかでオーガニックなものだけを集めた朝市を主宰、「美しい日本を残すために協力し合う会」代表。民俗学者宮本常一の流れを汲んで、故姫田忠義、小泉修吉、伊藤碩男の三氏が設立した一般社団法人民族文化映像研究所理事。2013年には東京に「馬喰町 スペース吉水」をオープンし、映画上映、コンサート、講演会、展覧会、古典芸能、ワークショプなど、様々なアートの発信にも努める。近江八幡や綾部、信州上田などで、町おこしも展開、日本各地を飛び回る。

著書に、『ちょっと前の日本の暮らし』(中公新書ラクレ)、『本当に大切にしたい日本の暮らし(自然と五感をいかす生活のススメ)』(WAVE出版)、『本当に大切にしたい日本のごはん(50度洗いと低温調理のススメ)』(WAVE出版)がある。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日は民族文化映像研究所のアチックフォーラム

2014.01.25 11:00|民映研
日25日午後2時から、昨日同様「馬喰町スペース吉水 」にて「アチックフォーラム」としての上映会があります。これは毎月第二・第四土曜日午後2時からはじまります。「アチック」とは屋根裏という意味ですが、民族文化映像研究所が長年続けてきた上映会の名称です。

「奥会津の木地師

奥会津の山の中に木地師さん達が、お椀の木地を作る為に数年を過ごす家を立てることから画面は始まります。お椀の木地にふさわしい木がある場所を見つけると、その近くに10坪ほどの笹葺の作業場兼住まいとなる家を建てます。山の下の村から応援を頼み、家造りがはじまります。屋根、壁は全て笹、つまり笹葺の家になります。そのための笹狩は女性の仕事で、二千束必要だったそうです。生木で家の骨組みをつくり笹で屋根壁を葺き、床をはり、囲炉裏を作り家が出来上がりますと、外にも笹葺のお手洗いも作り上げます。百メーター程離れた川から水路をほり、または谷に木の水路を渡し水桶に豊かな水を引いてきますこうして住まいができますと、作業場で木地の製作がはじまるのです。



140121_2.jpg
▲記録映画「奥会津の木地師」より




この一時間の映像の中には、命をいかすために自然の恵みをいただくあらゆる智恵と技がつまっています。私はこの映像を既に何度も観賞しましたが、観るたびに新たな発見をします。先人の智恵と技に、文明だけに頼らずとも生きていけることを具体的に知る素晴らしいお手本であり、勇気付られます。



この笹葺の家造りは 、縄文時代からあったものといわれています。笹は豊富に日本の各地にあるからだと思います。長野県八ヶ岳の麓に、友人が竪穴式住居をつくることにしたので、まずは笹狩から手伝って欲しいとの連絡を貰いました。それではと、まずこの「奥会津の木地師」の映像を手伝う人達と見ることにしまた。大工の棟梁さんがしきりに感心しながら見た後に、分かり易く解説もしてくださました。



140125_1.jpg 140125_2.jpg
▲八ヶ岳山麓での笹葺き作業




さて私達「おんなし」も参加して山に入り笹狩りに励み、山のように笹を束ねる作業をしました。八ヶ岳周辺の知り合いにボランティアをお願いして集合していただきました。一回目はあいにく雪の翌日で、寒さと重労働に悩まされましたが、仲間と一緒の作業は不思議とはかどりました。


いよいよ茅葺き職人さんに来ていただく日が決まりまた召集がかかり、私の友人達がまた集まって下さいました。茅葺き職人さんは日本には既に数人しかいらっしゃらないので、私達は貴重な経験をさせていただくことになりました。私も綾部に大きな茅葺き屋根の宿を持っていますから、職人さん達の技を身近で見ることができるのは有難いことでした。奥会津の木地師 の映像そのものの手作業をしながら、縄文から続くこれらの智恵と技の継続と維持への思いが膨らみました。


140125_3.jpg 140125_4.jpg
▲八ヶ岳山麓での笹葺き作業




ある物を使って暮しにとりいれ、自然と共存して行く智恵をまず育んでいく必要があります。私達は自然の存在をさらに身近に知ることで豊かな感性が生まれると思っております。是非今日も 民族文化映像研究所の作品にふれていただきたくお願い申し上げます


スポンサーサイト

テーマ:暮らし・生活
ジャンル:ライフ

タグ:民族文化映像研究所 民映研 アチックフォーラム 木地師 茅葺き職人

民族文化映像研究所の上映会 「越後奥三面 〜ふるさとは消えたか」 上映

2014.01.24 23:50|民映研
三面(おくみおもて)には42軒の家があり、その中の2軒だけが新潟県の他の土地に移築されました。高橋さんと小池さんの茅葺の家でした。その1軒は阿賀野市の奥の森の中に保存されています。その茅葺きの家で2年続けて7月に、民族文化映像研究所の記録映画「越後奥三面」の上下2編の上映会を、ささかみパルシステムや地元の有志の方々で開催していただきました。



140124_1.jpg
▲ダムに沈む前の奥三面の地図




その折、民族文化映像研究所の所長 姫田忠義先生が上映会で講演をされることになり、私もお供させていただきました。1年目は、勿論 「山で生かされた日々」でした。茅葺き屋根の下では、暑い日でしたが汗もかかずに、2時間半の長編映画を観ることになりました。地元にとってもはじめてのことでしたが、皆様じっと観入っていらっしゃり、後ろまでいっぱいの参加者となりました。画面の中のできごとにいちいち反応して、「あー、あんな風にするのか」、日常との関連であったり、やり方作り方が違っているなど、一々うなずいたりする観客は都会人のそれとは違いました。映画と観客との一体感が強く印象に残りました。




140124_2.jpg 140124_3.jpg
▲高橋源右ヱ 門家             ▲小池善茂家

『山に生かされた日々 -新潟県朝日村奥三面の生活誌-』(民族文化映像研究所刊)より 




次の年は、後編を上映しました。2時間半にもかかわらず、参加した方達からの希望も多く、では村の家が1軒づつ壊され、村を去り夫々の暮らしが始まるのでした。家がシャベルカーで壊されていく姿を呆然と見詰める一人の少女の姿には、胸を打たれました。この時も姫田先生とお話ししましたが、津波で家をなくした少女が立ちすくんでいる姿が思いだされました。時と場所が変わっても、家を失う切なさを私達は切実に感じました。


テーマ:暮らし・生活
ジャンル:ライフ

タグ:民族文化映像研究所 民映研 姫田忠義 越後 奥三面 茅葺き屋根

民族文化映像研究所の作品 今夜の上映 「越後奥三面 〜 山に生かされた日々」

2014.01.23 22:51|民映研
族文化映像研究所(民映研)は、民俗学者・宮本常一先生の流れを汲む故姫田忠義、伊藤碩男、小泉修吉のお三方が、日本の基層文化を映像で記録・研究しようと、1976年に創立されました。今を生きる常民の暮らしを見つめることで、「自然との深い対応と共生」の有り様(基層文化)を記録しようとした40年以上にわたる活動は、119本のフィルム作品と150本余りのビデオ作品、さらに書籍や資料として残されています。美しい日本の自然の中で営まれる人々の暮らしの記録は、まさに「国宝」だと思います。


140123_0.jpg
▲「越後奥三面 〜 山に生かされた日々」より




「馬喰町 スペース吉水」で毎月開催されているレイトショーでは、そうした「国宝」の数々に出会っていただけます。本日の上映は、ダム建設の為に湖の底に沈んだ村の四季の暮らしを、四年かけて撮影した「越後奥三面 〜 山に生かされた日々」で、上映時間は2時間半でした。民族文化映像研究所の作品の中でもとくに力作で、カメラ技術の素晴らしさに感動させられました。



140123_1s.jpg




縄文時代から続く人々の暮らしは、自然から得る豊かな恵みを無駄なくいかす記録でもありました。四季の山の産物をいかに採取し、いかに保存し生計を立てたか、暮しに役立てたかをじっくりカメラは捉えていきました。


140123_2s.jpg




山には宝物が溢れていました、人々はそれらを活かした暮らしを長い年月先祖代々継続してきていましたが、とうとうダムの湖に村は全て沈むことになりました。この無念を思う時に、先の震災で破壊された地域への無念を重ねました。この国では人々の暮らしに重きがおかれていないのだと思わずにはいられませんでした。



140123_3s.jpg



昨年亡くなられた姫田忠義先生は、その事を深く嘆かれていらっしゃいました。私達がこれ以上自然を破壊して、便利さだけを求めてよいという資格を、人間だから持って良いという事ではありません。百年以上前に、田中正造氏が足尾銅山鉱毒事件の被害者の救済のために半生を捧げた時の言葉が思い出されます。

「真の文明は、山を荒らさず、川を荒らさず、村を破らず、人を殺さざるべし」




140123_4s.jpg
▲写真は『山に生かされた日々―新潟県朝日村奥三面の生活誌』民族文化映像研究所刊)より




明日は、「越後奥三面 」後編「ふるさとは消えたか」を上映します。「馬喰町 スペース吉水」で開催中の民族文化映像研究所のレイトショーに、是非お出掛け下さい。


テーマ:暮らし・生活
ジャンル:ライフ

タグ:民族文化映像研究所 民映研 姫田忠義 奥三面 田中正造

馬喰町スペース吉水 民族文化映像研究所作品 上映会のお知らせ

2014.01.21 23:00|民映研
族文化映像研究所のドキュメンタリー映画は、16mmフィルムで制作されたもの、ビデオ作品など、合わせますと300本以上にもなります。毎月「馬喰町 スペース吉水」でレイトショーとして、また月2回の「アチックフォーラム」として上映されています。明日からの22、23、24日3日間の上映作品は、数ある作品の中でも特に代表作で貴重な資料といえます。是非お出掛けいただきたいとお願い申し上げます。


民族文化映像研究所 レイトショー

〜2014年 新春特別上映会リクエスト特集〜

1/22(水) 『イヨマンテ -熊おくり』 19:00~20:43(103分)

1/23(木) 『越後奥三面 -山に生かされた日々』19:00~21:25(145分)

1/24(金) 『越後奥三面 -ふるさとは消えたか』19:00~21:44(154分)

■ アチックフォーラム
1/25(土) 14時~
 『奥会津の木地師』ほか
◎1976 年/55 分/自主制作/福島県南会津郡田島町針生

140121_2.jpg
~ ジブリ最新作 『かぐや姫の物語』 にも登場している「木地師」を上映 !!! 見比べると面白い!!


  ※ 1月のアチックフォーラム・・・第二土曜日はお休みです


≪作品紹介≫
■ 『イヨマンテ -熊おくり』
アイヌにとって最大の儀礼であるイヨマンテ。この儀礼にはアイヌの自然観、生命観が凝縮している。日高地方のアイヌによるイヨマンテを、準備から記録した長編。
◎ 1977年/103分/自主制作/北海道沙流郡平取町二風谷

■ 『越後奥三面  -山に生かされた日々』
朝日連峰の懐深くにある奥三面。人々は山の恵みを受けて暮らし続けてきた。その村がダムに沈む。みごとに山の自然に対応した人々の暮らしと、閉村を前にした想いを綴った長編記録。
◎ 1984年/145分/自主制作/新潟県岩船郡朝日村奥三面


140121_1.jpg


■ 『越後奥三面  -ふるさとは消えたか』
朝日連峰の懐深くにあった奥三面の集落がダム建設のために消えた。1984年6月29日にダム補償基準協定書に調印してから1年半後に集団移住するまでの生活と移転地での生活の10年間、また考古発掘から明らかになってきた奥三面が大遺跡地帯であることを記録。奥三面から日本人のふるさとを考える。作品№50『越後奥三面-山に生かされた日々』の姉妹編
◎ 1995年/154分/自主制作/新潟県岩船郡朝日村奥三面

参加費: レイトショー1,500 円
     アチックフォーラム1,000 円
        ※ 上映会の後はスタッフによるトークあり。

場所: 民族文化映像研究所の所在ビル1階
     “馬喰町スペース吉水”
住所: 東京都中央区日本橋馬喰町2-5-12 小沢ビル1F 
     (浅草橋駅西口から徒歩で4分程度です。)

お問合せ: 民映研・中川美帆
TEL 03-6661-7161(10時~18時)※上映中は留守電になります

Link : 民族文化映像研究所


テーマ:暮らし・生活
ジャンル:ライフ

タグ:民族文化映像研究所 民映研 馬喰町スペース吉水 アチックフォーラム アイヌ 奥三面 イヨマンテ 木地師

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。