01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

中川誼美

Author:中川誼美
(なかがわ・よしみ)
慶應義塾大学商学部卒業。結婚後間もなく住んだ米国ウッドストックでの生活に影響を受け、家庭にテレビを置かず、有機野菜などを中心としたナチュラルライフスタイルを実践。

家業の繊維会社、夫が経営する印刷会社の経理を担当しながら、「人と自然にやさしい生活の実践」を活かし、55歳のときに京都円山公園内に「京都吉水」を立ち上げる。

その後、内装すべてに自然素材を使用した宿「銀座吉水」を、さらに“ちょっと前の日本の暮らし”が体験できる「あやべ吉水」を開業。「銀座吉水」は、ホテルや旅館など観光施設を対象とした世界的な環境認証制度「グリーンキー」の日本第1号であり、英国テレグラフ社の「日本のホテルランキング」ではマンダリンに次いで2位にランクインし(3位がリッツカールトン)、海外からも高い評価を得ていたが、2011年東日本大震災による福島原発事故の影響を考慮して、「銀座吉水」を閉じた。

東京・築地本願寺、大阪・四天王寺、京都・大谷本廟ほかでオーガニックなものだけを集めた朝市を主宰、「美しい日本を残すために協力し合う会」代表。民俗学者宮本常一の流れを汲んで、故姫田忠義、小泉修吉、伊藤碩男の三氏が設立した一般社団法人民族文化映像研究所理事。2013年には東京に「馬喰町 スペース吉水」をオープンし、映画上映、コンサート、講演会、展覧会、古典芸能、ワークショプなど、様々なアートの発信にも努める。近江八幡や綾部、信州上田などで、町おこしも展開、日本各地を飛び回る。

著書に、『ちょっと前の日本の暮らし』(中公新書ラクレ)、『本当に大切にしたい日本の暮らし(自然と五感をいかす生活のススメ)』(WAVE出版)、『本当に大切にしたい日本のごはん(50度洗いと低温調理のススメ)』(WAVE出版)がある。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花に包まれた お宿吉水

2014.04.19 11:51|京都吉水
今年も京都で桜の日々が始まりました。庭にあります えぞ彼岸桜は一種の山桜でソメイヨシノよりは一層優しい花です。今年は開花の後寒い日が続き大変長持ちしていつもの年より長く花を楽しむ事ができました。
宿の庭は桜の花びらで雪の庭のようになります。真西に向く庭は午後の陽射しをいっぱい受けて輝き、花に包まれた宿も本当に美しいです。
イメージ 1


桜は咲いて初めてその存在を認識しますが、京都はこの時とばかりに花で飾られます。
ひとえの桜が終わる頃八重の桜が咲き始め色濃くふくよかな花びらは周囲を華やかにしてくれます。
吉水には裏庭に可愛いい八重桜があり、竹林に色をそえます。
そうこうしているうちに孟宗竹林で竹の子が採れはじめます。春がいよいよ盛んになり、樹齢四百年の桂の新芽からは甘い香りが一面にただよいます。
イメージ


これからの宿の周囲は春爛漫です。
どうぞお越しくださいませ。
写真 3
スポンサーサイト

テーマ:京都旅行
ジャンル:旅行

東山界隈の花灯路

2014.03.13 18:36|京都吉水
坂神社にも、春催事が増えてきます。桜はまだ寒さの中で蕾を硬くしていますが、暖かくなり始めますと一気に花が開き、何時が満開かを予測するのは毎年難しいです。


140313_1.jpg 140313_2.jpg




八坂神社で子供達の剣舞の奉納があり、舞台で次々子供達が舞を披露していました。お参りの人達も立ち止まり、しばし鑑賞していました。



140313_3.jpg 140313_4.jpg




八坂神社の階段からは、四条通りが西へ伸びて突き当たりは松尾神社になり、嵐山へと続きます。観光客も八坂神社の階段で記念撮影。これから桜の季節になりますと、この四条通りを人の波が円山公園の桜を目指して押し寄せてきます。こののどかな通りが歩けないほどの人にあふれます。初詣、花見、祇園祭と、八坂神社は庶民の集まるところです。この八坂神社から円山公園を抜け、さらに坂を上がった突き当たりに お宿吉水があります。四季折々の変化に富んだ自然は、人ごみの円山公園とは別世界になります。


140313_5.jpg




3月14日から東山界隈は、花灯路のイベントが始まります。高台寺からねねの道を抜け、円山公園に入いる路地、知恩院を通り青蓮院までの道は、全て行灯で飾られます。桜を待つ少し前の東山界隈の夜の散歩を楽しんでいただこうというものです。


テーマ:暮らし・生活
ジャンル:ライフ

京都吉水 梅たより

2014.03.09 08:02|京都吉水
客様もお部屋に入られて静かな夜、ダルマストーブの温もりの中で夏ミカンのマーマレードを作る為に実と皮の下準備をします。細かく皮を切る作業は時間がかかりますが、日頃忙しいスタッフには大変な手間になりますので、夜の内にコツコツ1人で下ごしらえをしておきます。友人宅の庭に実ったものですから、勿論姿もまちまちです。お湯で綺麗に洗い、皮を均等に切ります。アク抜きの為には、五十度洗いをします。以前は一昼夜水に浸しておきましたが、今は切った後五十度で皮も実も洗います。その後、甜菜糖でジャムをつくり、朝の食事にお客様に召し上がっていただきます。ほろ苦さを残したジャムは、パンに良く合います。



140309_1.jpg





朝に薄っすらと雪が庭の木に残っていて、南天の赤い実が色鮮やかに映えていました。笹の葉は、桂の大木の下でまだ雪が融けないで、緑と白のコントラストが綺麗でした。



140309_2.jpg 140309_4.jpg
140309_3.jpg




梅も咲き始め、梅林もそろそろ賑やかになります。円山公園の上のほうですから、毎年少し他より遅くなります。向かいの桜の木も、花の蕾が薄く色づいています。寒い中にも、陽は明るくなっていく毎日です。間もなく高台寺から西蓮院に掛けて、花灯籠も始まります。とうぞ京都吉水にお出掛けください。


テーマ:暮らし・生活
ジャンル:ライフ

京都吉水で「日本民家再生協会」の会合がありました

2014.01.26 09:04|京都吉水
京市ヶ谷に本部のある日本民家再生協会とは、銀座吉水からのお付き合いがありました。毎年持ち回りの大会に私も参加したり、また綾部吉水にいらしていただいたこともあります。古民家を活用しているという共通のテーマもあり、今回冬の京都にメンバーの方々がお集まりになり、吉水にご宿泊されました。


140126_3.jpeg



私の古民家活用顛末記などを話させていただいた後は、特別にお料理もご用意させていただきました。丹後大宮にあります農業生産法人の谷内ファームから、今日のために食材をお願いしておきました。大根、人参、ブロッコリー、長ネギ、白菜、鹿肉、猪肉、蓬もち 等を、出町柳駅近くにある出町商店街まで運んで来て下さいました。



140126_1.jpeg 140126_2.jpeg




この商店街は今の日本ではかなり珍しく、店がイキイキと盛っていて、庶民の台所にはなくてはならないところです。錦市場のように観光客が京都らしさをもとめて買い物をするのとは違い、暮らしのための商店街で、私が大好きなところです。商店街を守るためにスーパーの進出を拒み、独自に工夫を凝らして維持活性化に成功している商店街です。今日は美山、丹後、鯖江からの出張販売の日でしたので、谷内ファームも出店者として、店を出していました。15年の付き合いですから、有機野菜や私達の注文にいつも応えて下さいます。



宿に戻りましてからは、大忙しで料理開始でした。黒谷にあります無添加豆腐と揚げの湯豆腐鍋、だいこん、白菜をだしにしての煮立たせない鍋料理,鹿肉のソテー、猪肉の牛丼、人参、ブロッコリー、煮大豆、等をお出ししました。



140126_4.jpeg




お集まりの会員の方々は古民家を持って実際活用されている方、建築関係の方など建物に感心のある方ばかりです。、翌日の見学は、東山にあるお寺庭園を歩いて巡る私お勧めのコースです。吉水から知恩院の境内を経て、青蓮院を通り裏道から無隣菴を見学の後、復元された流響院を拝見の後は哲学の道を歩き法然院を訪ね、橋本関雪記念館の中の和食をいただきます。この吉水から銀閣寺道までのコースは、四季を問わず本当に美しい造形の日本の景色が堪能できます。街中は日々壊れていく京都ですが、まだまだたくさん素晴らしい情景が残っています。冬の京都は、とくに静かでいいですね。どうぞお越し下さい。


テーマ:暮らし・生活
ジャンル:ライフ

タグ:京都吉水 古民家 古民家再生協会 出町商店街

お宿での嬉しいひととき

2014.01.04 22:00|京都吉水
日朝のお客様は、外国からニュージーランド、オーストラリア、アメリカ、国内は浜松、松江、東京からでした。野菜スープを美味しいと召し上がっていただく時はホッとします。このような薄味で野菜の持ち味だけが頼りのスープを、美味しく感じる舌をお持ちであることにです。濃い味、化学調味料の味に慣れた方には物足りない味だと言われてきましたから、一段と嬉しくなります。



今日はどのコースで京都見物をしたらよいかの御質問にお答えするのは、私の大好きな瞬間です。中には昨日のコースが素晴らしかったと感謝されているのを聞かれたお客様が、「それでは私も今日そのルートにします」などと言われることもしばしばです。



ニュージーランドからいらして五泊の若い娘さんには、出町柳まで電車で行き賀茂川沿いに上賀茂神社まで歩き、帰りもまた川沿いから下鴨神社に、その後御所の中を散歩とかなり長い歩くコースを提案しました。また吉水から知恩院を抜け青蓮院の前を通り裏道から三条通りにでて、蹴上から琵琶湖隧道の下の赤煉瓦のトンネルをぬけ、南禅寺から哲学の道を歩くコースも私の お気に入りの道です。昨日二泊の母娘さんがこのコースに満足してもどられました。八坂神社、清水寺の凄い混雑を嫌う方達には大変好評でした。



午後からスタッフと椅子用の座布団をつくることになりました。ソファの位置をかえたりテーブルを動かしながら、Aさんから小さい座布団が欲しいといわれましたので、それなら古い毛布と藍染の布でつくりましょうということになりました。




140104_002.jpg 140104_004.jpg






古い毛布を二枚重ねにしますと、丁度よい厚さになり、藍染の布もサイズがピッタリ合い、無駄なくつかえることになりました。早速2人で座布団作りをはじめました。




140104_003.jpg





彼女はそれから新幹線でご実家に帰りましたが、その際「新聞紙を持つのよ!」と忠告しました。なぜなら今日は4日、新幹線の混雑はさぞかし。とても椅子には座れませんから、新聞紙を敷いて行くことになると思ったからです。三時間後、彼女からは「新聞紙が正解でした」のメールが届きました。



綾部渡辺さん




夜には、京都の北の 綾部吉水 の近くから友人が、染織家が一枚づつ染めた馬の手ぬぐいを持っていらして下さいました。スタッフと一緒に、お正月らしい賄い夕飯をご一緒させていただきました。ダルマストーブからは薪が燃える音が聞こえます。外ではムササビが鳴いていて、吉水の静かな夜は明日へと向かいます。



テーマ:暮らし・生活
ジャンル:ライフ

タグ:京都吉水 中川誼美 京都見物

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。