01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

中川誼美

Author:中川誼美
(なかがわ・よしみ)
慶應義塾大学商学部卒業。結婚後間もなく住んだ米国ウッドストックでの生活に影響を受け、家庭にテレビを置かず、有機野菜などを中心としたナチュラルライフスタイルを実践。

家業の繊維会社、夫が経営する印刷会社の経理を担当しながら、「人と自然にやさしい生活の実践」を活かし、55歳のときに京都円山公園内に「京都吉水」を立ち上げる。

その後、内装すべてに自然素材を使用した宿「銀座吉水」を、さらに“ちょっと前の日本の暮らし”が体験できる「あやべ吉水」を開業。「銀座吉水」は、ホテルや旅館など観光施設を対象とした世界的な環境認証制度「グリーンキー」の日本第1号であり、英国テレグラフ社の「日本のホテルランキング」ではマンダリンに次いで2位にランクインし(3位がリッツカールトン)、海外からも高い評価を得ていたが、2011年東日本大震災による福島原発事故の影響を考慮して、「銀座吉水」を閉じた。

東京・築地本願寺、大阪・四天王寺、京都・大谷本廟ほかでオーガニックなものだけを集めた朝市を主宰、「美しい日本を残すために協力し合う会」代表。民俗学者宮本常一の流れを汲んで、故姫田忠義、小泉修吉、伊藤碩男の三氏が設立した一般社団法人民族文化映像研究所理事。2013年には東京に「馬喰町 スペース吉水」をオープンし、映画上映、コンサート、講演会、展覧会、古典芸能、ワークショプなど、様々なアートの発信にも努める。近江八幡や綾部、信州上田などで、町おこしも展開、日本各地を飛び回る。

著書に、『ちょっと前の日本の暮らし』(中公新書ラクレ)、『本当に大切にしたい日本の暮らし(自然と五感をいかす生活のススメ)』(WAVE出版)、『本当に大切にしたい日本のごはん(50度洗いと低温調理のススメ)』(WAVE出版)がある。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

講演会のお知らせ

2014.11.18 08:57|未分類
11月25日(火)「本当に大切にしたい日本の食と暮らし」主催:青年真摯塾
講演会のお知らせです。


20141125-nakagawayoshimishuusei1 のコピー
スポンサーサイト

山梨の雪

2014.03.04 08:07|未分類
録的に降った山梨県の雪の現場に行ってきましたが、想像以上に大変な状況でした。私の友人の話をご紹介したいと思います。



140304_1.jpg




午後から降り出した雪の中を国道二十号線に出て走り始めましたが、車はびっしり並び前には中々進みません。二十号線から右折しようにも前がつかえ、三十分かかりやっと曲がりました。次に山あいの家に行く曲がり角がいつもと全く違う景色になり分からなくなりましたが、勘で曲って行きました。もちろん一台しか通れませんところに、除雪車が正面からやってきました。先導する車に「傍に退け」と言われ、「出来ない」と言う言葉に耳をかさずに命令され、避けざるをえませんでした。



そのあとを除雪車が通りすぎていきましたが、彼女の車は雪にはまって動きません、急いで除雪車と先導車に助けを求めましたが、無視して行ってしまいました。困って110番しましたが、返事は「行けません」「何時になるか分かりません」でした。雪の中で途方にくれておりましたら、一軒の家の前におじさんが出て来て雪かきを始めたそうです。急いで助けを求めましたところ一度だけ会ったことのある人で覚えていて、家族皆を呼んで車を引き出してくれました。




早く行きなさいと励まされ、また真っ白な道を上りましたが、ただ勘だけで走る怖さもありましたが、夢中で「頑張れ、頑張れ」と自分を励まして急な坂を上りきった時は、あー助かったと思ったそうです。家の前も雪で埋まり、雪を掻き分けて戸を開けて入った時は、ガタガタと震えていたそうです。幸い停電していなかったのですぐに温まる事ができましたが、翌朝200メーター程しか離れていない路上で男性が亡くなっていました。彼女は、命ある有難さと昨夜の怖さにまた震えたと話していました。


非常事態とはいえ、除雪車も警察も安全を無視した態度に改めて怒りを感じました。農作物の被害は計りしれない物がありますが、過疎の彼女の地域は翌朝、農機具などを持ち出し皆で助け合って一人暮らしの家の除雪をしたとのことでした。若い人の少ない地域ですが日頃から声を掛け合い助け合っていたからこそ、この危機を越えられたと話して下さいました。



140304_2.jpg




彼女のところからさらに十五分程で1300メーター地点になりますと、雪は更に深まりました。ここでもメインの道路は除雪しますが、そこからの枝の道は150センチの雪が深々と積もっていました。間もなく赤ちゃんが産まれる家も雪に埋れていましたが、近所といっても歩いて十分はかかる家族が、知り合いを伴い雪かきに来てくれました。また近くの宿泊所の人達も妊婦さんを助けに来てくれました。仕事から帰れなくなった夫も3日振りに戻り、翌日病院に向かう事ができ、無事赤ちゃんが誕生しました。自然の力には逆らうことは出来ませんが、この度の山梨の雪は人々が経験した事がないほどのものでした。更に長野県諏訪地方の山手に住む友人も訪ねましたが、雪に家は埋まっていました。近所の人達に助けられ車を出す事ができましたが、やはり数日家に閉じ込められていたそうです。



140304_3.jpg




この状況とは反対にいつも雪深い福井では、雪のない冬だそうです。訪ねて来てくれた友人は、原発が止まり海が暖められていないので、水蒸気が上がらず、雪が少ないのかもしれないと話していました。異常気象の原因を知る事はできるのでしょうか。不安はつきません。車には寝袋を積む事、食糧や水も持参すること、ガソリンはいつも足りるようにしておくなど、考えさせらることがたくさんありました。


テーマ:暮らし・生活
ジャンル:ライフ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。